女子大生の処女の敏感なおまんこに生ちんぽをハメまくった

出会い系サイトで巡り合った18歳の女子学生とエッチしました。

名前は好美で容姿は152cmと小さめで、

顔は60点ぐらいかな・・・余談ですが処女です!

俺の体形は35歳、スリム体型、妻帯者です。

出会い系サイトで出会ってから

メールアドレスをやり取りして

今後も交際する約束で逢うこととなった。

(家族持ちは伝えてます)

海岸でなんだかんだ、お喋りしました。

この日はキス、おっぱい揉み、乳房吸い、

クリトリスもてあそびでサヨウナラした。

クリトリスで三回ほど果てさした。

好美は今日までキスもしたことはなく無論、

誰にも身体をさわられることもなかった。

好美は喘ぎまくってしまったことに

ショックと恥ずかしさを感じたようだった。

自慰はかなりしてたみたいだが、

初めて他の人にさわられることで

さらなる興奮を感じたみたいだった。

10日後のお出かけでラブホテルに入ったが

好美はメンスということで、

キスとオッパイを責めまくった。

好美にはフェラチオを集中して指導する。

男の身体も女の人と同様に

感ずることを聞かせてあげた。

俺の感覚がどのようなものか

を目にしてみたくなったらしく、

俺の顔やうなじ、乳房などを

好美は好奇心で舐めまくっていた。

18才の処女に身体を舐められまくった。

ツバでベトベトになったが、

すっごく反応してしまった。

その後は半月ぐらいメールで自慰をさせたり、

乳房や下着、アソコの画像を送信させたり、

初物オマンコを手に入れる前にアソコの開発を反復した。

フレッシュな情欲はどこまでも上昇をしていくようです。

好美はメンス日以外はきっちりと

連日マスターベーションをさせていた。

そのうえできのう、好美を姦通した。

ラブホテル入室すると

椅子に腰掛ける俺の上に対面座位で乗り、

キスをしてきた、

俺のうなじや耳たぶを好美はベトベトに舐めまくって、

下着を脱がし胸や乳首を漁るように舐めた。

肉棒は暴発せんばかりとなり、ベッドへ引越しする。

好美は騎乗位になり再度俺を責めまくる。

ビチャビチャと物音を立てながら

暫くの間舐めまくってから好美は肉棒をもてあそび出した。

俺の耳のそばで『ズボン脱がしていい?』とつぶやいた。

感じ過ぎて呆然としてた俺が首を縦に振ると愉しげにベルトを除け、

ズボンを脱がせた。

辛抱汁が付いたパンツを眺めて

『なんで、このような汁が出て来てるのかなあ♪』

『凄いカチカチだあ♪』

など言いつつパンツをずらし、

フェラチオ始める!

マジに18才の処女なのかに見えるフェラチオテクニックは

俺の肉棒を更にカチンカチンにさせた。

亀頭の裏筋、雁、金玉、アリの綱渡りを

丹念に好美の唾液でベトベトにされた。

好美はベチョベチョと俺を目にしながら

かすかな微笑みでなめまくる。

アナルも舐めてとお願いすると

『へへっ』笑い舐めだした。

『おーっおおう』俺は喘ぎ声をあげ、

心地良さに自分をまかせた。

併せて理性はどこかへ行った。

好美にキスをし、自然と覆いかぶさり

好美の身体を漁った。

好美はこれまで以上に熱中し喘ぎまくっている。

好美の肌シャツ、ブラジャー、ショーツ、パンティを剥ぎ取る。

好美の膣口は充分にインサートOKなぐらいびっしょり濡れていた。

クリトリスをタッチするとすぐに果てた。

膣口をけもののように舐め何回も果てさした。

好美はこれまでにない興奮を感じたようで表情は赤く上気し、

瞳を潤ませていた。

好美の膣口に肉棒を押し当てちょっとずつ、入れ込む。

『コンドームつけないの?』

『痛い・・・あ、痛い』

など好美は訴えるが、

俺は極度の快感に

好美の膣口に肉棒を挿入させていった。

ペニスをインサートし性欲のままに尻を振った。

『痛い・・・痛いから抜いて』

と好美は訴えるが理性の無くなった俺は

ムチャクチャに尻を振った。

いつの間にやら好美は

『はあ、はあ、あ、あんっ♪あ、、あん、あー』

と快感の叫びをあげだした。

『あ、あんっ、いっちゃう、痛いのにいっちゃう』

『あ、あっ、痛、や、いっちゃう・・・う♪』

さあみえて来たと思い、

肉棒は緩急をつけた出し入れに変えた。

途中で『間もなく気持ち良さだけに変化するから』

と好美に伝えて、ピストン運動を継続した。

『あ、あん♪肉棒気持ちいい♪』

尻を振りながら頭の中でやったーーだ。

ズドンと膣奥まで突き上げ、

膣をグリグリ廻して刺激すると

『な、なにこれ?いっちゃ・・・う!

いっちゃうよぉー、肉棒グリグリで好美、、、いっちゃう』

とクライマックスを迎えた。

初エッチ、初昇天・・・

男にとってこれに勝る達成感は

そうそうは体験することがないだろう。

俺は感激に身体を震わしつつ、尻を振りまくった。

『あ、達しそ、またイク♪』

『こーくん♪いっちゃう』

好美は果てまくった、、、

達すれば達するほど感覚を増大させていく類らしく

さかんに果てまくった。

それから、正常位から後背位、

対面座位、側位、立って後背位、

立って正常位など様々な体位を試した。

好美は全ての体位で果てまくりだった。

喘ぐ好美はイカれたように

『チンポ♪こーくんの生ちんぽ♪』

と何度も叫んで、30回ぐらい達した。

次回は高校生時代の制服を準備してくれるらしい。