友達のマッサージ師に妻を寝取ってもらいました

私には妻の寝取られ願望があります。

友達のマッサージ師に妻を寝取ってもらいました。

私は以前から寝取られ願望を持っており、何をしようか、色々考えていました。

それを、この度実戦に移すことができました。

妻は28歳です。

妻は色白でスマートです。

おっぱいは小さいけど乳首も小さくキレイなほうだと思います。

私の友人が自宅で整体やマッサージをやっているので、

ただでやってもらえるという話を妻に持ちかけました。

立って仕事をしている妻は近頃腰がきついらしく、

喜んでこの話に乗っかってきました。

友人近藤には先に相談しておき、

マッサージの過程でセックスできそうならしてもいいと、

伝えおきました。

びっくりしていたけど、

幾らかは懇意にしている仲間なので

まぁまぁ内容は理解してもらえました。笑

この日のために妻とのセックスはちょっとだけ抑えておいた。

友人宅に着くと、

やや大きいマイホームの1階を診療所にリフォームしたものでした。

インテリアはそれなりにすばらしいです。

近藤はマッサージ師だけど、そんなに体型は大きくない。

まぁそうは言っても筋肉はついてるなという感じがします。

外見はさわやかで妻も好感を感じたようです。

治療のためにバスローブにみたいな薄いガウンを着用して準備をする妻。

私も施術の解説を共に聞きながら、

初めはマッサージを見つめていた。

一時間くらいゆっくり施術してくれるみたいなので、

近くの喫茶店でお茶したりして時を過ごすといい部屋をでた。

当然、そういったとこに行くはずは無く待合室で待つが、

通路からベッドがもろ見えなので、そこでウェイティングする。

話声はよく耳に入って来る、

初めは体を解きほぐすマッサージと症状のヒアリング、

妻の「気持ちいい~」といった声が耳に入ります。

オイルを使ったマッサージ、リフレクソロジーというものなのか?が始まった。

手から足、大腿部あたりまでソフトにマッサージする。

されて妻も自然に心地よさそうだった、

二人の世間一般の話も耳に入ってきた。

何か胸が痛い気分になったが、私のペニスはかなり勃起していた。

近藤のマッサージと話にリラックスしたのか、

とても気あとは楽な様子だった。

あとは仰向けになり鎖骨あたりもマッサージしていた。

「宜しかったらトータルマッサージやりますよ?」と近藤が言う。

妻は照れくさいと言ったが近藤は仕事ですから安心を!と言った。

妻に配慮してかアイマスクを妻に与えつけさせた。

そして体全体のマッサージが開始された。

胸のオイルマッサージはあまり知られていませんが豊胸にいいと言い、

リンパを刺激するだの何と言うかバストの小さな妻を喜ばせる近藤。

乳房に指が接するたびに少し足がピクつく妻。

大腿部のつけねのマッサージの時にパンティごしに手が当たるのも

恐らくは少し感じているのだろう。

マッサージの快感の声から

だんたん艶やかさを帯びた情欲的な声になっていく。

明らかに妻は濡れているだろうと納得した。

近藤も認識したのか妻の蜜壺にじらしながら手を滑り近づかせる。

AVなどでよく見てたが、

オイルで艶を帯びた肌は卑猥だ。

ジンワリと状況を伺うようにクリトリスに指を這わす近藤、

と同時に妻の体が動く。

手を使って防ごうとするも、形だけのよう。

妻はそんなにも抗っていないように見えた。

少しずつアソコを刺激する近藤、

オイルをいっぱい塗られ全身トロトロになっていく妻。

いまやこうなれば中断できないだろう、

妻も自然に喘ぎだした。

近藤は妻にバレぬように服のズボンを下ろし、

ペニスを露出した、まだ半勃ちだが大きかった。

自分の手でペニスにオイルをつけ

いかなる時でもインサートできるよう用意していた。

相当強引だなーと思いつつ

自分より大きなペニスの近藤に焼きもち焼く。

妻はまだ近藤が勃起していることは知らない。

秘部のマッサージを続ける近藤、

妻のマンコからはクチャクチャと音がする。

突如として妻の手がベッドからだらんと落ちた時に、

近藤のペニスに当たった、

近藤も驚いていたが妻はそれをペニスだと感じ取ったのか、

近藤のペニスを手でしごき始める。

もしかしたらズボンを脱いでいたことに感づいていたのか・・。

手で刺激されてグイグイとデカくなるペニス、

長さはまぁまぁそれより太かった。

近藤が妻に、「挿入してもいいですか?」と確認、

妻は時刻をきにしていたがまだ30分ですと近藤は言う

妻は安心したのか、近藤のなすがままに足を開けられた。

ついに近藤のペニスがインサートされた。

トロトロになっていたのですんなり入ったが、

妻の一言目が「少し大きいから少しずつお願いします」だった。

徐々に腰を動かす近藤、

ベッドを横から見る私。

妻のマンコに太いペニスがぬるぬると出し入れされる。

テカったペニスがまた卑猥だ。

次第に馴染んできたのかピストン速度をあげていく近藤。

そして声をあげる妻。

あっけなく陥落する妻にちょっと失望だったが、

そのようなこと忘れられるくらい刺激的な情景。

にちゃにちゃとペニスがインサートされる音が聞こえる。

近藤のペニスと腰使いが良いのか、妻は一回目のピークを迎える。

私が正常位でイかすにはまだしばらく時間がかかるのだが・・。

妻の体が喜びに揺らぐ。

次は体位を変え騎乗位に。

妻が近藤のペニスを手で持ち自らさし込み、私とセックスする時と同じ行ないだ。

しかし近藤のペニスは大きい。

妻の中が気持ちいいのかインサート前より大きくなっていた。

ペニスにまたがり徐々に腰を下ろす。

妻の陰肉にペニスが埋もれていく。

妻は女上位なるのが得意です。

私は何度も耐え切れずに射精していたが近藤は耐えていた。

ポイントにあたるのだろうか。

妻は「太いっ、こすれるっ」

といいながら腰を上下にスライドしていた。

妻の白い肌と赤黒いペニスの対比がエおもむろにロチックだった。

腰を動かすのに疲れた妻が動きを緩めると近藤が下から突き上げる。

何回も太いペニスが出し入れされる。

五分後くらいに「いくっ、いくってば!ちょっと待って!」

と言い近藤の腰使いに堪らず妻は二度目のクライマックスを迎えた。

最後はまた正常位になった。

妻はもう私のことは、今は失念してそうだなー

と思いつつも引き続き拝観。

近藤のピストンにセクシーな声をあげる妻、

太いペニスがさかんに出入りしどんなにか気持ちいいのだろう

近藤のピストンが早くなり、「イキます!」

と言い最終にはいる。

乳ぶさのあたりに精液がいっぱい飛び散る。

放心状態の妻だったが、

慌ただしくアイマスクを取り

ティッシュを取り精子をふき取る。

近藤のペニスに目線をやり、

「こんなデカいのが入ってたんだ。

そりゃ気持ちいいわー。

旦那はそれほど大きくないの。

これは内緒ねw」

と言っていた。

実際ショックだったが。笑

妻はガウンを羽織り何もしていなかったように振舞う、

そこに外出していたように、カムフラージュしていた私は戻った。

男女がセックスをしていた時の匂いがした、

ベッドの台に精液のついたティッシュをそのままにしてあった、

焦っていたのか忘れていたらしい、

ここのところには触れず。わざわざ何も知らないフリ。

そそくさと帰宅準備をする妻、

マッサージお上手ですね、

本当に気持ちよかったです!

と会釈をし診療所を去る、

帰りにカフェでお茶をしていたが

妻は知らない人とセックスをしたような態度など

決して見せなかった、

女は怖い、

だが夜は私が誘う前に深い眠りについていた、

よっぽど良かったのだろう。

寝ている妻のパンティに手を入れるとかなり濡れていた、

思い返していたのだろうか。笑

差し当たってこの後も妻にはネタばらしはしない方向で、

後日近藤にぶっちゃけた感想を聞くと

私の妻のあそこはずいぶん気持ちよかったとの事。笑 

「またチャンスが見つかればお願いします」と言っておいたが、

近藤は夫婦関係が異常をきたさない程度にな!と笑われました。

それから三日後くらいに妻が

少し太いディルドが欲しいと言い出した。

これには参った。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
盗撮動画なら

素人投稿