出会い系の奥さんは口内射精の精液を飲み干してくれた

出会い系サイトで知り合った俺と奥さんは、公園で青姦セックスした。

奥さんは口内射精の精液を飲み干してくれた

ケータイの出会い系アプリケーションをダウンロードして女性を探してました。

その中のこずえさんと言う奥さんでしたが、

なぜか会話のピッタリくる女性がいてラインIDを取り交わしました。

連日ラインを送信して、

かなり私的な事もラインでお喋りしてきたりするので、

『いけるかも?!』と思い、

ちょっとエロ系の文章を配信してみたら、

こずえさんは亭主との性交がこのところ無いらしく

「もううんざりした!とか口に出すんだよ」

と不機嫌そうでした。

始めのうちは

「お会いするのはちょっと・・・」

ような状態でしたが写真を交換し、

ラインを継続して相当親密になった頃に

「こずえさん、顔を見たいね」と、言ってみると

「本日から会社が休日だから、日中なら良いよ」との事で、

俺の昼の休憩に待ち合わせしました

37歳との事でしたが、写真通りにかなり美人です。

痩せ型でちょっと肉感的で、容姿も良い感じでした。

外部でおしゃべりしてたので一陣の風が吹いて、

こずえさんの薄いワンピースがカラダに密着して

からだの線がキッチリとわかりました。

この日は、少しの間だけ話しかけてサヨナラしました。

あとになってラインで

『こずえさん、綺麗だね。はじめて顔を合わせるんで、不安であったんじゃない?』

と言うと

『優しそうだったし、お喋りして面白かったから肩ぐるしくなかったよ。かえってよかった』

と言います。

『今回は時間を掛けて話できなかったから、次回仕事が終ってから逢えない?』

と言ったら

「週1回ダンスのレッスンの日があるから、この日なら良いよ!」

と言うので直ちに逢い引きの場所と時刻を決めました。

そうしてから逢い引き当日に待合場所に向かいました。

出会って話した時に、相互に好意を持てた上での夜間の逢い引きです。

もちろん性交の期待が大きいです。

こずえさんの車をパーキングエリアに置き、俺の車で、少しドライブ。

和やかな雰囲気でおしゃべりも弾んでました。

それから山の中にある公園へ着きました。

人の気配は無く、まわりをよく見るが車は見当りません(ニヤリ!)。

車内でこずえさんとおしゃべりをしながら腕を伸ばし、

サッと手を握ったのですが拒絶しません。

肩を抱擁すると反発も無く私にしなだれかかってきました。

顎をちょっと上にしてキスをしようとすると、

こずえさん「恋人いるんでしょ?悲しむよ」

と言うので

「こずえさんが恋人だよ」と言ってディープキス、

唇を舌で割り、歯先をなぞっていると口を開いたので舌を絡め取ります。

こずえさんは「う・・・ふぅん」

とボディから力が抜け、舌を絡め始めます。

彼女はジャージの上下を身につけていたので、

俺の手はいとも簡単に侵入しブラのホックを取り外してプルンとオッパイを出します。

それから生のおっぱいを揉みはじめました。

子供を生んだにもかかわらず張りの有るおっぱいで、

むにゅむにゅとさわり心地を堪能しながらマッサージしていると・・・

こずえさんの乳頭が刺激で、硬くツンと上向いてきました。

こずえさん、逆らわずに俺の抱擁に身を委ねてます。

トップスをまくり上げ、乳頭を舐め、吸いながら、

もう一つのおっぱいもむにゅむにゅっと揉みしだきます。

太腿を撫でながら股間に手を潜りこませると、

力が抜けた両脚は簡単に割られ解き放っていきます(ニヤリ)。

キスをしながらジャージの上からオマンコを触り、

手を淫らに動かすと

「あぅ・・・んふ」応答が本格化します。

ジャージの中へ手をもぐりこませ、

汗でじっとりした皮膚を伝わりながらパンティの上からクリトリスをクンニします。

それからパンティをずらし、脇から指をもぐりこませます。

クリトリスをひねりつぶすように刺激すると、

物凄いリアクションで私に抱きついてきます。

それから熟れたマンコの肉ヒダを捉え。

「あっ、きゃっ、うぅ~ん」俺の指は、

難なくスルっと侵入しました。

そしてクリトリスを親指で転がしながら、

甘美な蜜壺に二本の指を入れていきます。

こずえさんの蜜壺は、濁流のように濡れ、

確実にスウィッチが入ったみたいです。

俺の車はクーペスタイルで車内が窮屈なので、

『この先は無理か、ラブホテルに行くか?!』

と思っていたら

「外部に出よ!」とこずえさんが言いました!。

外へ出ると手を繋ぎ、ぴっちりくっついてるこずえさん。

人の気配は全然無く、ちょっと歩くと塀に遮られた長椅子を見つけました。

塀にこずえさんを押し付けディープキス、

それぞれの唇や舌をめちゃくちゃ吸います。

こずえさんの口の中に俺の唾液をそそぎ込むと受け入れてくれ、

ゴクンと飲み下しました。

オッパイを揉みしだき、乳首をキュっと何気なく捻ると。

「きゃあ」と声を高くして応答してきました。

俺はちょっと座り込んで乳首を吸いながら、

こずえさんのジャージのズボンをズリおろしました。

ピンクのパンティを見つけた!。

パンティの中を触って見るとさっきの愛撫で

『グチャ!・・・』という感じで、

こずえさん、用意OKだね!(喜)。

クリトリスや膣口を指先で攻めてると、

すでにスイッチ入ってるこずえさんは、

俺にされるがまま状態!。

こずえさんを後背位にして壁に手を着かせ、

両足を大きく開かせます。

パンティをお尻からプルン!とずりおろし後背位で挿入する!

ちょっと入れにくかったのですが問題なくインサート成功。

つるつると肉棒が入り込んでいきます。

ピストンを開始します。

「あっあっあっ・・・」

両方の乳房を後ろから抱え込むようにして揉みしだき、

乳頭をアタックしながら強烈に腰を振ります。

こずえさんも動きに応じて腰を振りはじめます。

そのうえで、出し入れしながら、

こずえさんのクリトリスとアナルを攻めてやると・・・

こずえさんは、容易に昇天してくれました。

それに乗じて、ひとまず抜き、俺はベンチに横になり

「次はこずえさんが女上位でね」

と言うと、こずえさんは俺の上に乗り、

ズブズブとお尻を沈めてきます。

やはりダンスで鍛えてるだけのことはあって、

こずえさんの腰使いが凄まじく、

俺が発射そうになったとき、

先にこずえさんが

「うん、いい、いい、もうだめ、達しそう、あぁー、あー、イク、イクー!」

と唸るように声を上げたかと思うと、

こずえさん、脱力して砕けて俺に持たれてきます。

一緒になったまま上体を起こし、対面座位の体位で、

こずえさんを見 て「こずえさん、イッたの?」と聞いたら、

コクリとうなずくだけのこずえさんでした。

少し抱き合っていた後に

「俺はまだまだ達してないよ」と言いつつ、

こずえさんから抜き、

頭を俺のチンボに誘導したら、

こずえさんの身体は力が抜けているので、

押されて地面にペタンと座り込みます。

こずえさんは、

俺の脚の間に挟まれて太腿に寄りかかっているみたいになりました。

「こずえさん、口でして」って言うと、

チロっと舌を出して肉棒に這わせ始めました。

こずえさんの髪の毛を鷲掴みにして口内に挿入。

Sサイズの口に乱暴にぶちこみ、

強制的ピストンさせた後、

腰を据えてしゃぶらせました。

先程までのインサートでかなり発射仕掛けてたので、

長持ちせず口内に発射。

唾液に続き、まゆみちゃんは、

ゴクリと俺の精液を飲み下してくれ、

肉棒も舐め上げて、拭き取ってくれました。

「ホントは口にしたくないんだよ」 だって。

しかしまゆみは「こんなにいいセックスは初の経験だった。

 今度はベッドの上で、じっくりと味わってみたいわ!」

と言い、帰る時刻が押し迫って来たので駐車場まで送り、

キスをしてサヨナラしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

出会い系の奥さんは口内射精の精液を飲み干してくれた

出会い系サイトで知り合った俺と奥さんは、公園で青姦セックスした。

奥さんは口内射精の精液を飲み干してくれた

ケータイの出会い系アプリケーションをダウンロードして女性を探してました。

その中のこずえさんと言う奥さんでしたが、

なぜか会話のピッタリくる女性がいてラインIDを取り交わしました。

連日ラインを送信して、

かなり私的な事もラインでお喋りしてきたりするので、

『いけるかも?!』と思い、

ちょっとエロ系の文章を配信してみたら、

こずえさんは亭主との性交がこのところ無いらしく

「もううんざりした!とか口に出すんだよ」

と不機嫌そうでした。

始めのうちは

「お会いするのはちょっと・・・」

ような状態でしたが写真を交換し、

ラインを継続して相当親密になった頃に

「こずえさん、顔を見たいね」と、言ってみると

「本日から会社が休日だから、日中なら良いよ」との事で、

俺の昼の休憩に待ち合わせしました

37歳との事でしたが、写真通りにかなり美人です。

痩せ型でちょっと肉感的で、容姿も良い感じでした。

外部でおしゃべりしてたので一陣の風が吹いて、

こずえさんの薄いワンピースがカラダに密着して

からだの線がキッチリとわかりました。

この日は、少しの間だけ話しかけてサヨナラしました。

あとになってラインで

『こずえさん、綺麗だね。はじめて顔を合わせるんで、不安であったんじゃない?』

と言うと

『優しそうだったし、お喋りして面白かったから肩ぐるしくなかったよ。かえってよかった』

と言います。

『今回は時間を掛けて話できなかったから、次回仕事が終ってから逢えない?』

と言ったら

「週1回ダンスのレッスンの日があるから、この日なら良いよ!」

と言うので直ちに逢い引きの場所と時刻を決めました。

そうしてから逢い引き当日に待合場所に向かいました。

出会って話した時に、相互に好意を持てた上での夜間の逢い引きです。

もちろん性交の期待が大きいです。

こずえさんの車をパーキングエリアに置き、俺の車で、少しドライブ。

和やかな雰囲気でおしゃべりも弾んでました。

それから山の中にある公園へ着きました。

人の気配は無く、まわりをよく見るが車は見当りません(ニヤリ!)。

車内でこずえさんとおしゃべりをしながら腕を伸ばし、

サッと手を握ったのですが拒絶しません。

肩を抱擁すると反発も無く私にしなだれかかってきました。

顎をちょっと上にしてキスをしようとすると、

こずえさん「恋人いるんでしょ?悲しむよ」

と言うので

「こずえさんが恋人だよ」と言ってディープキス、

唇を舌で割り、歯先をなぞっていると口を開いたので舌を絡め取ります。

こずえさんは「う・・・ふぅん」

とボディから力が抜け、舌を絡め始めます。

彼女はジャージの上下を身につけていたので、

俺の手はいとも簡単に侵入しブラのホックを取り外してプルンとオッパイを出します。

それから生のおっぱいを揉みはじめました。

子供を生んだにもかかわらず張りの有るおっぱいで、

むにゅむにゅとさわり心地を堪能しながらマッサージしていると・・・

こずえさんの乳頭が刺激で、硬くツンと上向いてきました。

こずえさん、逆らわずに俺の抱擁に身を委ねてます。

トップスをまくり上げ、乳頭を舐め、吸いながら、

もう一つのおっぱいもむにゅむにゅっと揉みしだきます。

太腿を撫でながら股間に手を潜りこませると、

力が抜けた両脚は簡単に割られ解き放っていきます(ニヤリ)。

キスをしながらジャージの上からオマンコを触り、

手を淫らに動かすと

「あぅ・・・んふ」応答が本格化します。

ジャージの中へ手をもぐりこませ、

汗でじっとりした皮膚を伝わりながらパンティの上からクリトリスをクンニします。

それからパンティをずらし、脇から指をもぐりこませます。

クリトリスをひねりつぶすように刺激すると、

物凄いリアクションで私に抱きついてきます。

それから熟れたマンコの肉ヒダを捉え。

「あっ、きゃっ、うぅ~ん」俺の指は、

難なくスルっと侵入しました。

そしてクリトリスを親指で転がしながら、

甘美な蜜壺に二本の指を入れていきます。

こずえさんの蜜壺は、濁流のように濡れ、

確実にスウィッチが入ったみたいです。

俺の車はクーペスタイルで車内が窮屈なので、

『この先は無理か、ラブホテルに行くか?!』

と思っていたら

「外部に出よ!」とこずえさんが言いました!。

外へ出ると手を繋ぎ、ぴっちりくっついてるこずえさん。

人の気配は全然無く、ちょっと歩くと塀に遮られた長椅子を見つけました。

塀にこずえさんを押し付けディープキス、

それぞれの唇や舌をめちゃくちゃ吸います。

こずえさんの口の中に俺の唾液をそそぎ込むと受け入れてくれ、

ゴクンと飲み下しました。

オッパイを揉みしだき、乳首をキュっと何気なく捻ると。

「きゃあ」と声を高くして応答してきました。

俺はちょっと座り込んで乳首を吸いながら、

こずえさんのジャージのズボンをズリおろしました。

ピンクのパンティを見つけた!。

パンティの中を触って見るとさっきの愛撫で

『グチャ!・・・』という感じで、

こずえさん、用意OKだね!(喜)。

クリトリスや膣口を指先で攻めてると、

すでにスイッチ入ってるこずえさんは、

俺にされるがまま状態!。

こずえさんを後背位にして壁に手を着かせ、

両足を大きく開かせます。

パンティをお尻からプルン!とずりおろし後背位で挿入する!

ちょっと入れにくかったのですが問題なくインサート成功。

つるつると肉棒が入り込んでいきます。

ピストンを開始します。

「あっあっあっ・・・」

両方の乳房を後ろから抱え込むようにして揉みしだき、

乳頭をアタックしながら強烈に腰を振ります。

こずえさんも動きに応じて腰を振りはじめます。

そのうえで、出し入れしながら、

こずえさんのクリトリスとアナルを攻めてやると・・・

こずえさんは、容易に昇天してくれました。

それに乗じて、ひとまず抜き、俺はベンチに横になり

「次はこずえさんが女上位でね」

と言うと、こずえさんは俺の上に乗り、

ズブズブとお尻を沈めてきます。

やはりダンスで鍛えてるだけのことはあって、

こずえさんの腰使いが凄まじく、

俺が発射そうになったとき、

先にこずえさんが

「うん、いい、いい、もうだめ、達しそう、あぁー、あー、イク、イクー!」

と唸るように声を上げたかと思うと、

こずえさん、脱力して砕けて俺に持たれてきます。

一緒になったまま上体を起こし、対面座位の体位で、

こずえさんを見 て「こずえさん、イッたの?」と聞いたら、

コクリとうなずくだけのこずえさんでした。

少し抱き合っていた後に

「俺はまだまだ達してないよ」と言いつつ、

こずえさんから抜き、

頭を俺のチンボに誘導したら、

こずえさんの身体は力が抜けているので、

押されて地面にペタンと座り込みます。

こずえさんは、

俺の脚の間に挟まれて太腿に寄りかかっているみたいになりました。

「こずえさん、口でして」って言うと、

チロっと舌を出して肉棒に這わせ始めました。

こずえさんの髪の毛を鷲掴みにして口内に挿入。

Sサイズの口に乱暴にぶちこみ、

強制的ピストンさせた後、

腰を据えてしゃぶらせました。

先程までのインサートでかなり発射仕掛けてたので、

長持ちせず口内に発射。

唾液に続き、まゆみちゃんは、

ゴクリと俺の精液を飲み下してくれ、

肉棒も舐め上げて、拭き取ってくれました。

「ホントは口にしたくないんだよ」 だって。

しかしまゆみは「こんなにいいセックスは初の経験だった。

 今度はベッドの上で、じっくりと味わってみたいわ!」

と言い、帰る時刻が押し迫って来たので駐車場まで送り、

キスをしてサヨナラしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11