即アポで中出しセックスした秘書嬢とのエッチ体験

出会い系サイトでカーセックスで募集したらキャバ嬢こと秘書嬢が釣れました。

かなりのデカパイ美人でした。


出会い系サイトで21時頃カーセックスで募集したところ

23歳の女性とアポが取れた。

場所は埼玉県K市の駅で緊張しながら待機していたら

洋服の上からでもでかいと気付くバストに短いスカートの女が進んできて、

試みにさり気なく手をふったら小走りで近づいてきた。

この女のサイト内のプロフィールはキャバ嬢となっていたが

本当にあってみたら黒のスーツっぽい洋服を着ており

まったくキャバ嬢には思えなかった。

外見はかなり美人で一級品といって良い女だった。

(心の中でガッツポーズ)

初めて見たときこんな女性がマジにカーセックスにお付き合いしてくれるのか心配になったが

特段いろいろ想像するのを止めた。

車内で会話をしながら良いスポットを捜し回ってぶらぶらしていたら、

この女は普通の会社員らしく

上役の秘書的な仕事に従事しているらしい

上役とはカラダのお付き合いもあるらしく

訪問先などでは割り切り交際でいるらしい。

そのくせ本命は会社内の違う男ということまで

ペラペラ話してかなり口の軽々しい女だった。

カーセックスは市営施設のスイミング場のパーキングですることとなり、

ちょっとした川を挟んだ目の前に

それなりに大型の工場があり上階では明りが現在でも付いており

もしかしたら映ってしまうかもしれなかったが、

あまりいろいろしたくなかったのでここへ決定した。

さしあたりシートを平らの状態にもっていくと

直ぐ女が洋服を脱ぎだした。

顔を合わせたときから把握していたが

でかいバストがブラジャーから飛び出るかもしれないと感じられる調子で出てきた。

それなのにバストは垂れ乳でなく

ほどほどにハリがありでかいバストが好きな

男はたまらないものだと言ってもよい。

相当モヤモヤしていたので肌着姿になったら

このまま覆いかぶさりでっかいバストをとにもかくにも揉みしだいた。

女は乳房がかなり敏感なのかたちまち艶めく声をあげて

”もっとやさしくして”

と言ってきたがそんなものは我関せずでむしゃぶりついた。

やっぱり、女もまんざらではなく愛撫に集中しはじめ、

かなり大声でよがりはじめた。

カーセックスでほかからのぞかれるかもしれない状態なのだけど

女はそのようなことは忘れ去ってセックスにのめり込みこちらへ密着してきた。

しがみつかれると胸と胸が触れ合って

肌触りがとってもよく頭がとろけるような感じになり、

女の唇を自分の唇で閉ざし相当長いディープキスをした。

2人共が求め合い息が辛くなってから

やっと唇をはなしまたオッパイを愛撫した。

思う存分オッパイを満喫した。

そのあとはヴァギナを味わうことにし、

パンティの上から触ってみたらとうにヌルヌルになっていて

膣に指を入れると卑猥な音がしてきた。

もうとっくにしっかりと仕上がっていたので

クンニリングスをすると一段と女は声を発して喘ぎはじめ、

“もう挿入して”と求めてきた。

そしたら嫌がらせをしたくなり

より以上にクンニリングスを行うと足が瞬間いきなり震え、

と思うが早いか忽ち力を失い達しテしまったようだった。

女は達したといってもまだ物足りなそうで、

出し抜けに立ち上がると自分の上に乗ってきて

自分の勃起した肉棒をヴァギナにあてがいストンと腰を落とした。

肉棒の先っぽが女のヴァギナの奥に届くと

今までで一番大きい声で身体を強張りさせた。

そうした後はひと休みして尻を上下させ

女上位の体位で自分の肉棒を締め上げてきた。

彼女の中は強く締まるわけではなかったが、

自分の肉棒にまとわりつくような感覚があり

すっごく感じ良く一足飛びに達ししまいそうになった。

女は”出そうになったら言って”と話してきたが、

自分の中の妖怪が目覚め生だしをする事に決めた。

これほどまでのいい女相手にして気遣いをしていてはお金を出しているのでマイナスだし、

彼女なら責任とってあげてもいいかなと思った。

自分の肉棒はどうやら通常の大きさよりでっかく彼女には適当らしく

次から次へと腰を上下してまとわりついてきた。

そこで自分はまだ達しそうもない表情を作り、

彼女を逃がさないようにさり気なく腰に手を当て自分の尻を突き上げた。

ヴァギナの一番を奥深いところに達した時点で

いきなり溜まっていた精液を放出して中に注いだ。

4日位は何も出して無かったので

かなりの量の精液が放出されて彼女の陰肉の中を満杯にした。

やっぱし生出しされてことに気付いたのか

“えっなに!!”と声を上げたが、

がっしり彼女の腰を捉まえておいたし、

彼女自身セックスに一所懸命に喘ぎまくっていたので直ちに力が入らず、

むしろ中に出されたとき彼女も達してしまい腰がくだけ

深く連結したようになってしまった。

彼女の腰を引きよせ力が入って来ないうちに上下逆転して

彼女の上に覆いかぶさり抱いて、

しばらくの間一緒になったまま余韻を楽しんだ。

勿論彼女は生出しされるとは考えていなかったので

“イヤッ 早く止めて”、”膣に出したの!!”

と声を出して抗ってきたが、

被いかぶさったシーンではもう止めることなど無理で

自分の腕の中でゴソゴソ動いていた。

ゴソゴソ動くのがむしろ良い気持ちだったので

一滴残らず肉ひだに注入してあげました。

それから”何で中に射精したのよ”と詰め寄ってきたが、

もとから値段とカーセックスをするとだけ確約して

コンドームをつけることは確約していなかったのでそこの所を言ったが、

けれども食い下がってきたのでこのまま押し倒して2回目を行うことにした。

やっぱりびっくりしたのか

“やめて”、”お願い”

などとつい先ほどの強気がうそみたいにひっくり返ってしまった。

その結果2回戦も行い彼女は涙ぐんだ目で服をを着て出で立ちを整え始めた。

極めて強烈に2回戦をやったのではじめ彼女は腰が抜けてテキパキと動けず、

服がじょうずに着れなかった。

最後には彼女も黙ってしまい

お約束のお金をあげて車で送っていくとなんにも言わず車を降り、

自分の体を抱き抱えるようにしながら急ぎ足で行ってしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

即アポで中出しセックスした秘書嬢とのエッチ体験

出会い系サイトでカーセックスで募集したらキャバ嬢こと秘書嬢が釣れました。

かなりのデカパイ美人でした。


出会い系サイトで21時頃カーセックスで募集したところ

23歳の女性とアポが取れた。

場所は埼玉県K市の駅で緊張しながら待機していたら

洋服の上からでもでかいと気付くバストに短いスカートの女が進んできて、

試みにさり気なく手をふったら小走りで近づいてきた。

この女のサイト内のプロフィールはキャバ嬢となっていたが

本当にあってみたら黒のスーツっぽい洋服を着ており

まったくキャバ嬢には思えなかった。

外見はかなり美人で一級品といって良い女だった。

(心の中でガッツポーズ)

初めて見たときこんな女性がマジにカーセックスにお付き合いしてくれるのか心配になったが

特段いろいろ想像するのを止めた。

車内で会話をしながら良いスポットを捜し回ってぶらぶらしていたら、

この女は普通の会社員らしく

上役の秘書的な仕事に従事しているらしい

上役とはカラダのお付き合いもあるらしく

訪問先などでは割り切り交際でいるらしい。

そのくせ本命は会社内の違う男ということまで

ペラペラ話してかなり口の軽々しい女だった。

カーセックスは市営施設のスイミング場のパーキングですることとなり、

ちょっとした川を挟んだ目の前に

それなりに大型の工場があり上階では明りが現在でも付いており

もしかしたら映ってしまうかもしれなかったが、

あまりいろいろしたくなかったのでここへ決定した。

さしあたりシートを平らの状態にもっていくと

直ぐ女が洋服を脱ぎだした。

顔を合わせたときから把握していたが

でかいバストがブラジャーから飛び出るかもしれないと感じられる調子で出てきた。

それなのにバストは垂れ乳でなく

ほどほどにハリがありでかいバストが好きな

男はたまらないものだと言ってもよい。

相当モヤモヤしていたので肌着姿になったら

このまま覆いかぶさりでっかいバストをとにもかくにも揉みしだいた。

女は乳房がかなり敏感なのかたちまち艶めく声をあげて

”もっとやさしくして”

と言ってきたがそんなものは我関せずでむしゃぶりついた。

やっぱり、女もまんざらではなく愛撫に集中しはじめ、

かなり大声でよがりはじめた。

カーセックスでほかからのぞかれるかもしれない状態なのだけど

女はそのようなことは忘れ去ってセックスにのめり込みこちらへ密着してきた。

しがみつかれると胸と胸が触れ合って

肌触りがとってもよく頭がとろけるような感じになり、

女の唇を自分の唇で閉ざし相当長いディープキスをした。

2人共が求め合い息が辛くなってから

やっと唇をはなしまたオッパイを愛撫した。

思う存分オッパイを満喫した。

そのあとはヴァギナを味わうことにし、

パンティの上から触ってみたらとうにヌルヌルになっていて

膣に指を入れると卑猥な音がしてきた。

もうとっくにしっかりと仕上がっていたので

クンニリングスをすると一段と女は声を発して喘ぎはじめ、

“もう挿入して”と求めてきた。

そしたら嫌がらせをしたくなり

より以上にクンニリングスを行うと足が瞬間いきなり震え、

と思うが早いか忽ち力を失い達しテしまったようだった。

女は達したといってもまだ物足りなそうで、

出し抜けに立ち上がると自分の上に乗ってきて

自分の勃起した肉棒をヴァギナにあてがいストンと腰を落とした。

肉棒の先っぽが女のヴァギナの奥に届くと

今までで一番大きい声で身体を強張りさせた。

そうした後はひと休みして尻を上下させ

女上位の体位で自分の肉棒を締め上げてきた。

彼女の中は強く締まるわけではなかったが、

自分の肉棒にまとわりつくような感覚があり

すっごく感じ良く一足飛びに達ししまいそうになった。

女は”出そうになったら言って”と話してきたが、

自分の中の妖怪が目覚め生だしをする事に決めた。

これほどまでのいい女相手にして気遣いをしていてはお金を出しているのでマイナスだし、

彼女なら責任とってあげてもいいかなと思った。

自分の肉棒はどうやら通常の大きさよりでっかく彼女には適当らしく

次から次へと腰を上下してまとわりついてきた。

そこで自分はまだ達しそうもない表情を作り、

彼女を逃がさないようにさり気なく腰に手を当て自分の尻を突き上げた。

ヴァギナの一番を奥深いところに達した時点で

いきなり溜まっていた精液を放出して中に注いだ。

4日位は何も出して無かったので

かなりの量の精液が放出されて彼女の陰肉の中を満杯にした。

やっぱし生出しされてことに気付いたのか

“えっなに!!”と声を上げたが、

がっしり彼女の腰を捉まえておいたし、

彼女自身セックスに一所懸命に喘ぎまくっていたので直ちに力が入らず、

むしろ中に出されたとき彼女も達してしまい腰がくだけ

深く連結したようになってしまった。

彼女の腰を引きよせ力が入って来ないうちに上下逆転して

彼女の上に覆いかぶさり抱いて、

しばらくの間一緒になったまま余韻を楽しんだ。

勿論彼女は生出しされるとは考えていなかったので

“イヤッ 早く止めて”、”膣に出したの!!”

と声を出して抗ってきたが、

被いかぶさったシーンではもう止めることなど無理で

自分の腕の中でゴソゴソ動いていた。

ゴソゴソ動くのがむしろ良い気持ちだったので

一滴残らず肉ひだに注入してあげました。

それから”何で中に射精したのよ”と詰め寄ってきたが、

もとから値段とカーセックスをするとだけ確約して

コンドームをつけることは確約していなかったのでそこの所を言ったが、

けれども食い下がってきたのでこのまま押し倒して2回目を行うことにした。

やっぱりびっくりしたのか

“やめて”、”お願い”

などとつい先ほどの強気がうそみたいにひっくり返ってしまった。

その結果2回戦も行い彼女は涙ぐんだ目で服をを着て出で立ちを整え始めた。

極めて強烈に2回戦をやったのではじめ彼女は腰が抜けてテキパキと動けず、

服がじょうずに着れなかった。

最後には彼女も黙ってしまい

お約束のお金をあげて車で送っていくとなんにも言わず車を降り、

自分の体を抱き抱えるようにしながら急ぎ足で行ってしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11