出会い系で別居中のSな人妻と出会い、いきなり精子を飲まれました。

出会い系サイトで別居中の人妻と出会いました。

Sな奥さんで言葉攻めのフェラをされました。

出会い系サイトで二人の幼い子どもたちがいる20代の人妻と親密になった

旦那とは別れて暮らしているらしい

初めは世代も違うし、

小さな子も二人いるって話していたから顔を合わせる気持ちなかったんだけど

何度か会話してるうちにあちらから

『子供と遊んでやってよ。』

て頼まれてその次の日曜日に逢うことになった。

その日、近所の運動場の駐車場で落ち合ってたら、

本当に子供二人をと共に来てた。

外見からは今で言うお姉さま系で俺的に好きだったけど

エロい気持ちには予想外にならなくて、

自然にみんなでバドミントンしてた。

空が夕暮れになってきた頃に彼女が俺に

『何だかあなたって良いね☆』

って話してきた。

サッパリ意図は不明だったけど、まあね。

とだけ答えてその時はやり過ごした。

すると彼女が僕の方に近づいて来て、

俺の斜め前方近辺に立ち、クルッと子供さんたちの方を向いて

『お母さんと、このお兄ちゃんが結婚したらどう思う~?』

って冗談半分に問い掛けてた。

と同時に、背後に組んでいた彼女の握った手が

僕の手を引っ張って自分のヒップに・・・。

もう片方の余っている手で僕のチンボをジーンズの上から擦り出した。

もちろん子供達にはわからないポジションから。

彼女のスカートは後側にスリットが付いてて、

手を差し入れれば即パンティが当たる位な感じ。

体を動かして軽く汗ばんだ下半身が

妙にムクムクして自分も即座に勃起してしまった。

子供とはこの間も一般的なおしゃべりを続けてる。

子供がこちらに近づこうとすると彼女が

『ダメよ!ゲーム買ってあげないよ(笑』

って話して、子供をブロックしてた。

それから5分くらいこの状態が継続した後で彼女は俺に耳打ちしてきて

『今日のところは、ほんとにありがと♪こんなオバさんだけどまた逢って・・・くれるかな?』

ってニッコリと言われた。

当然即OKでした。

結局のところ、この日はこれ以上することはなく2人共サヨナラした。

それとなく自らの中で一線ひいてたのが、

今日の事であっさりと崩壊してその後は亭主との性交の話や

俺の初体験をおしゃべりしてかなりフィーバーした。

何度か電話をかけた頃に相手が

『家には入れられないけど・・・ほんの少し逢いたい・・・。

訪ねてほしいな・・・』

と。

時間は20時・・・無論、躊躇なく行きました。

車に乗り、電話を掛けて順路を教わりながら

30分くらいで到達したんだけど

ちっとも玄関に出てこないから電話を掛けたら子供を寝かしてるんだけど、

僕電話したの知ってるから、

お兄ちゃんが来るって言いなかなか寝入ってくれないみたい。

そうしてから、一時間くらい経った頃、

パジャマ姿の彼女が疲れ切った感じでようやく出てきた。

僕の車に乗りこみ、一言・・・

『逢いたかったぁ!』

って運転席に覆いかぶさった。

突然だったから驚いたけど、

それよりも伸展のスピードにびっくりした。

僕のベルトに手がかかったと感じていると途端に

トランクスの上からモソモソ開始してた。

『例の時、私のマンコに指入れようとしたでしょう~?んもう

子供いたというのにぃ・・・だから今回は君はダ~メ!私が罰ゲームね』

シートを倒され、シートベルトで簡単に緊縛。

実際のところ携行したウェットティシューも使うことを認めてもらえずに、

生のままパクッと即フェラ

これまでフェラは何の意味もなかったと感じる位にネッチョリとした舐め方で、

その上上目使いで俺のことまばたきせず見てる。

目を離そうとすると、

『ダメだよぉ~私が舐めてるとこ直視してないとぉ・・・罰ゲームの目的ないジャン(笑』

って口に出されて、ベチョベチョと音を意識してだして舐めてくる。

たまには舌が金玉の方に行ってチンボは人差し指と親指をベロリと舐め、

ツバを付けて擦ってきたりと、

マジにとんでもないくらい卑猥・・・。

『ねぇ~?気持ち良い~?』

ってよくアダルトビデオとかで卑猥な女が瞳がトロンとなって言うところがあるけど

完璧にアダルトビデオ有りのままで、それ以外に圧倒的な数の言葉責めにあって、

頭の中はとうに射精してた。

ペニスを口にくわえ込み、金玉をニギニギとされた時、

僕の我慢の限界がやって来てしまい、

マズイ!と彼女に言うと微笑んで、お待ちしてました!

と言わんばかりに頭を上下に動かし、

キンタマも上下にすっごく擦って来た。

その動作に負け、僕は射精のサインも言えずに

精液を彼女の口の中にいっきに放出してしまい、

後は疲れ切って・・・。

そんな僕とは反対に、

彼女は依然として口でくわえた状態で、

手で搾り出してる様子。

良いよ、無理しなくて・・・さっさと吐き出して。

って僕が話しかけると、彼女は

『若いから濃いなぁ(笑 飲めるから何ともないよ☆というか綺麗に吸って舐めれば掃除しなくて済むでしょ(笑』

って言って綺麗に吸い出してた。

その日は精神力、スタミナネコソギ吸い取られ、

より以上のことはせずそのまま帰りました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

出会い系で別居中のSな人妻と出会い、いきなり精子を飲まれました。

出会い系サイトで別居中の人妻と出会いました。

Sな奥さんで言葉攻めのフェラをされました。

出会い系サイトで二人の幼い子どもたちがいる20代の人妻と親密になった

旦那とは別れて暮らしているらしい

初めは世代も違うし、

小さな子も二人いるって話していたから顔を合わせる気持ちなかったんだけど

何度か会話してるうちにあちらから

『子供と遊んでやってよ。』

て頼まれてその次の日曜日に逢うことになった。

その日、近所の運動場の駐車場で落ち合ってたら、

本当に子供二人をと共に来てた。

外見からは今で言うお姉さま系で俺的に好きだったけど

エロい気持ちには予想外にならなくて、

自然にみんなでバドミントンしてた。

空が夕暮れになってきた頃に彼女が俺に

『何だかあなたって良いね☆』

って話してきた。

サッパリ意図は不明だったけど、まあね。

とだけ答えてその時はやり過ごした。

すると彼女が僕の方に近づいて来て、

俺の斜め前方近辺に立ち、クルッと子供さんたちの方を向いて

『お母さんと、このお兄ちゃんが結婚したらどう思う~?』

って冗談半分に問い掛けてた。

と同時に、背後に組んでいた彼女の握った手が

僕の手を引っ張って自分のヒップに・・・。

もう片方の余っている手で僕のチンボをジーンズの上から擦り出した。

もちろん子供達にはわからないポジションから。

彼女のスカートは後側にスリットが付いてて、

手を差し入れれば即パンティが当たる位な感じ。

体を動かして軽く汗ばんだ下半身が

妙にムクムクして自分も即座に勃起してしまった。

子供とはこの間も一般的なおしゃべりを続けてる。

子供がこちらに近づこうとすると彼女が

『ダメよ!ゲーム買ってあげないよ(笑』

って話して、子供をブロックしてた。

それから5分くらいこの状態が継続した後で彼女は俺に耳打ちしてきて

『今日のところは、ほんとにありがと♪こんなオバさんだけどまた逢って・・・くれるかな?』

ってニッコリと言われた。

当然即OKでした。

結局のところ、この日はこれ以上することはなく2人共サヨナラした。

それとなく自らの中で一線ひいてたのが、

今日の事であっさりと崩壊してその後は亭主との性交の話や

俺の初体験をおしゃべりしてかなりフィーバーした。

何度か電話をかけた頃に相手が

『家には入れられないけど・・・ほんの少し逢いたい・・・。

訪ねてほしいな・・・』

と。

時間は20時・・・無論、躊躇なく行きました。

車に乗り、電話を掛けて順路を教わりながら

30分くらいで到達したんだけど

ちっとも玄関に出てこないから電話を掛けたら子供を寝かしてるんだけど、

僕電話したの知ってるから、

お兄ちゃんが来るって言いなかなか寝入ってくれないみたい。

そうしてから、一時間くらい経った頃、

パジャマ姿の彼女が疲れ切った感じでようやく出てきた。

僕の車に乗りこみ、一言・・・

『逢いたかったぁ!』

って運転席に覆いかぶさった。

突然だったから驚いたけど、

それよりも伸展のスピードにびっくりした。

僕のベルトに手がかかったと感じていると途端に

トランクスの上からモソモソ開始してた。

『例の時、私のマンコに指入れようとしたでしょう~?んもう

子供いたというのにぃ・・・だから今回は君はダ~メ!私が罰ゲームね』

シートを倒され、シートベルトで簡単に緊縛。

実際のところ携行したウェットティシューも使うことを認めてもらえずに、

生のままパクッと即フェラ

これまでフェラは何の意味もなかったと感じる位にネッチョリとした舐め方で、

その上上目使いで俺のことまばたきせず見てる。

目を離そうとすると、

『ダメだよぉ~私が舐めてるとこ直視してないとぉ・・・罰ゲームの目的ないジャン(笑』

って口に出されて、ベチョベチョと音を意識してだして舐めてくる。

たまには舌が金玉の方に行ってチンボは人差し指と親指をベロリと舐め、

ツバを付けて擦ってきたりと、

マジにとんでもないくらい卑猥・・・。

『ねぇ~?気持ち良い~?』

ってよくアダルトビデオとかで卑猥な女が瞳がトロンとなって言うところがあるけど

完璧にアダルトビデオ有りのままで、それ以外に圧倒的な数の言葉責めにあって、

頭の中はとうに射精してた。

ペニスを口にくわえ込み、金玉をニギニギとされた時、

僕の我慢の限界がやって来てしまい、

マズイ!と彼女に言うと微笑んで、お待ちしてました!

と言わんばかりに頭を上下に動かし、

キンタマも上下にすっごく擦って来た。

その動作に負け、僕は射精のサインも言えずに

精液を彼女の口の中にいっきに放出してしまい、

後は疲れ切って・・・。

そんな僕とは反対に、

彼女は依然として口でくわえた状態で、

手で搾り出してる様子。

良いよ、無理しなくて・・・さっさと吐き出して。

って僕が話しかけると、彼女は

『若いから濃いなぁ(笑 飲めるから何ともないよ☆というか綺麗に吸って舐めれば掃除しなくて済むでしょ(笑』

って言って綺麗に吸い出してた。

その日は精神力、スタミナネコソギ吸い取られ、

より以上のことはせずそのまま帰りました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11