深夜の出会い系サイトで見つけた、超綺麗な女に中出し

寝入りが悪く、

懸命に寝ようとしても目が冴える

気がつくと深夜の3時になってて

寝付けないからとスマホサイトの出会い系を閲覧していると

「困ってしまってます。コンドーム着で出会える人速攻でメールください」

という真夜中だというのに投稿が

俺は退屈しのぎにメールを送信してみました。

「これから5千円でどうだろうか?クルマですぐに行くよ。」

昨今時、5千円で会う女性なんか見られないに決まってます

返信が来るとは考えてませんでした。

しかしながら30分後ぐらいにメールの着信音が・・・

「ネットの登録が消去されちゃった。マジに今、困ってるの3でお願い」

って返信が来ました。

俺は初めから出会う気はありませんでしたので

「3って3千円?会おうよ!」

メールを発信してみました。

いくらなんでも腹を立ててるだろうな。

もう時間だから寝ようかな。と考えていたときに

「2万で構わないからお会いしてください。宜しくお願いします。」

フォト撮影つきで返信がきました。

画像を見ると・・・うわ美人だ。

はっきり言ってビックリしました。


モデルの杏似のマジにカワイイというか美人過ぎる子でした。

でもどれほど美しいと言っても

真夜中の3時に自宅を出て面会する気持ちにはなりません。

「じゃ1万で車内でセックスできる?あと生のままいいかな?」

顔を合わせる気が無い俺はこんなメールを送信しました。

彼女はすぐさま返信をしてきました。

「了解しました。1万でいいです。○○まで来れますか?」

なんだこりゃ?この子が1万で援交なるために出会う気かよ。

頭を悩ますな・・・しかもすぐそこの・・・

こんなにチャーミングな子と一万で生セックスか~

けれどもこういう時間だしな~っと思い悩みながら俺は

「もう一枚全然違う写真送って」

ってメールをしました。

今撮りましたって伝言のついた写真は

先ほどよりも美人です!どうしても出会いたい・・・

俺はすぐさま車に乗って

「○○なら近いよ。これから出かけるね。」

っとメールをして車で向かいました。

何回も彼女にメールをして彼女が指示してきた

○○のファミリーマートの駐車場に車を停止しました。

「到着したよ」

「了解しました。ただち伺います。生でも生だし禁止です。お願いいたします」

ちょっと車で待機しているとスタイルの良い女の子が車に近寄ってきました。

車を覗き込んだ彼女に車に乗車してと言うと

彼女はきゃしゃな長身の身体をかがめるように車に乗り込んできました。

車に乗り込んだ彼女を目にしてマジに綺麗!

俺は頭のなかでラッキーと言っていました。

「何処でセックスしますか?ほんとに車ですか?」

彼女は私に確認してきました。

「やはりホテル行こうよ」

俺は到着する道すがらにあったラブホテルに行きました。

はいと彼女は応えましたがほとんど黙って助手席に座っていました。

「いくつなの?」

「18になったばかりです」

私の問いかけ以外にしゃべることはありませんでした。

ホテルについて泊まりの料金を払い部屋に入りました。3時40分。

「あまり時間がないので開始しよ」

そういって俺は洋服を脱ぎ始めました。

彼女も黙ったまま衣装を脱ぎだしました。

スエットだった俺はすぐに脱いで先にベットに入りました。

全部脱いだ彼女の身体はとてもキレイでした。

形のいいおっぱいがとても印象的でした。

彼女はオッパイを覆うようにベッドに入ってきました。

「とってもいま困っているんです。2で無理ですか?」

彼女の魅力に興奮が高くなっている俺は超強気に

「生出ししてもいいなら3万出すよ。」

と言いました。

「生出しはキツイです・・・コンドームありなら2回してもいいです」

彼女はちっちゃい声でいいました。

何処から見まわしてもマジに美しい子です。

ペニスから我慢汁がシミ出ています。

サッサと中に入れたい!私のボルテージはMAXになっていました。

でも1万で生セックスイイよと応じた彼女です。

相当困り果てているんだろうな、よしここで強気に攻めろ!

「3万上げるから生出しさせてよ」

と話しながら彼女にキスをしました。

彼女は無言のままキスを嫌がるような状態でいましたが

俺は懲りずにキスをしながら彼女の割れ目に手を入れました。

彼女の割れ目はもうびっしょり濡れていました。

「3万渡すから」

そう一言彼女の耳のそばで言って俺は彼女にクンニを始めました。

足に力を入れて指を入れさせるのをとても嫌がっていたので

俺は力任せに指をねじ込み、マンコをかき回しました。

「ううう」

彼女は目を瞑ったまま

小さくうめき声のような喘ぎ声を出していましたが

足の力は次第に弱り足を開きだしたのです。

俺はすかさずクンニリングスを開始しました。

無味無臭でかすかに石?の匂いがしました。

クンニリングスをすると彼女はついに

「あっあっ」

と私の舌の動きに応じて喘ぎ声をだしました。

普段の私ならフェラチオをして貰うのですが

彼女の喘ぎ声を聞いて辛抱ができません。

俺はコンドームをつけずに我慢汁でペニスが濡れて

テカっているペニスを彼女のマンコに挿入しました。

私のツバと愛液でびっしょり濡れていた彼女は

私のペニスをマジにいい感じで迎え入れてくれました。

俺は腰を動かしながら彼女の顔を見ました。

まぶたは閉じたままですが私のペニスが彼女の膣奥に進むと

「あっ」とちっちゃい声を出します。

その表情はマジにキレイで肌は私に密着してくるようでした。

もう私のペニスは辛抱の限度でした。

「中で出すよ?」

私が聞くと彼女は

「禁止です。ほんとにダメです。」

と今まで閉じていた目を大きく開きました。

俺はピストンを早め強く体を彼女に押し当てるように尻をふりました。

「駄目・・・お願い」

と彼女が言いかけたとき私のペニスは

ドクンドクンと彼女の中で中出しを始めていました。

ほんのちょっと、彼女は私をはねのけようとしましたが

あきらめたのか私のたくさんの精子を受け入れてくれました。

俺は大きく息をはいて彼女の身体から離れました。

彼女は再び目をつむっていました。

時計を見ると5時30分。

「シャワーする?」

と尋ねると彼女は黙ったままシャワールームに出向きました。

ほんの2~3分でシャワーを終えた彼女は

やっぱり無言でパンティをつけ服をきました。

私も吸いかけたタバコを消し去って服を着ました。

何回見ても何処から見てもスタイルもホントにみんな綺麗な子です。

俺はこんな子に生だし出来たことに喜びを感じていました。

ホテルから出るときも送り届けていくときも終わりまで彼女は無言でした。

何日か後に彼女に「もう一度会える?」ってメールをしましたが

メールアドレスが異なっていました。

援交とはいえあの様に綺麗な子に生だしが出来たのは

すごくハッピーです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

深夜の出会い系サイトで見つけた、超綺麗な女に中出し

寝入りが悪く、

懸命に寝ようとしても目が冴える

気がつくと深夜の3時になってて

寝付けないからとスマホサイトの出会い系を閲覧していると

「困ってしまってます。コンドーム着で出会える人速攻でメールください」

という真夜中だというのに投稿が

俺は退屈しのぎにメールを送信してみました。

「これから5千円でどうだろうか?クルマですぐに行くよ。」

昨今時、5千円で会う女性なんか見られないに決まってます

返信が来るとは考えてませんでした。

しかしながら30分後ぐらいにメールの着信音が・・・

「ネットの登録が消去されちゃった。マジに今、困ってるの3でお願い」

って返信が来ました。

俺は初めから出会う気はありませんでしたので

「3って3千円?会おうよ!」

メールを発信してみました。

いくらなんでも腹を立ててるだろうな。

もう時間だから寝ようかな。と考えていたときに

「2万で構わないからお会いしてください。宜しくお願いします。」

フォト撮影つきで返信がきました。

画像を見ると・・・うわ美人だ。

はっきり言ってビックリしました。


モデルの杏似のマジにカワイイというか美人過ぎる子でした。

でもどれほど美しいと言っても

真夜中の3時に自宅を出て面会する気持ちにはなりません。

「じゃ1万で車内でセックスできる?あと生のままいいかな?」

顔を合わせる気が無い俺はこんなメールを送信しました。

彼女はすぐさま返信をしてきました。

「了解しました。1万でいいです。○○まで来れますか?」

なんだこりゃ?この子が1万で援交なるために出会う気かよ。

頭を悩ますな・・・しかもすぐそこの・・・

こんなにチャーミングな子と一万で生セックスか~

けれどもこういう時間だしな~っと思い悩みながら俺は

「もう一枚全然違う写真送って」

ってメールをしました。

今撮りましたって伝言のついた写真は

先ほどよりも美人です!どうしても出会いたい・・・

俺はすぐさま車に乗って

「○○なら近いよ。これから出かけるね。」

っとメールをして車で向かいました。

何回も彼女にメールをして彼女が指示してきた

○○のファミリーマートの駐車場に車を停止しました。

「到着したよ」

「了解しました。ただち伺います。生でも生だし禁止です。お願いいたします」

ちょっと車で待機しているとスタイルの良い女の子が車に近寄ってきました。

車を覗き込んだ彼女に車に乗車してと言うと

彼女はきゃしゃな長身の身体をかがめるように車に乗り込んできました。

車に乗り込んだ彼女を目にしてマジに綺麗!

俺は頭のなかでラッキーと言っていました。

「何処でセックスしますか?ほんとに車ですか?」

彼女は私に確認してきました。

「やはりホテル行こうよ」

俺は到着する道すがらにあったラブホテルに行きました。

はいと彼女は応えましたがほとんど黙って助手席に座っていました。

「いくつなの?」

「18になったばかりです」

私の問いかけ以外にしゃべることはありませんでした。

ホテルについて泊まりの料金を払い部屋に入りました。3時40分。

「あまり時間がないので開始しよ」

そういって俺は洋服を脱ぎ始めました。

彼女も黙ったまま衣装を脱ぎだしました。

スエットだった俺はすぐに脱いで先にベットに入りました。

全部脱いだ彼女の身体はとてもキレイでした。

形のいいおっぱいがとても印象的でした。

彼女はオッパイを覆うようにベッドに入ってきました。

「とってもいま困っているんです。2で無理ですか?」

彼女の魅力に興奮が高くなっている俺は超強気に

「生出ししてもいいなら3万出すよ。」

と言いました。

「生出しはキツイです・・・コンドームありなら2回してもいいです」

彼女はちっちゃい声でいいました。

何処から見まわしてもマジに美しい子です。

ペニスから我慢汁がシミ出ています。

サッサと中に入れたい!私のボルテージはMAXになっていました。

でも1万で生セックスイイよと応じた彼女です。

相当困り果てているんだろうな、よしここで強気に攻めろ!

「3万上げるから生出しさせてよ」

と話しながら彼女にキスをしました。

彼女は無言のままキスを嫌がるような状態でいましたが

俺は懲りずにキスをしながら彼女の割れ目に手を入れました。

彼女の割れ目はもうびっしょり濡れていました。

「3万渡すから」

そう一言彼女の耳のそばで言って俺は彼女にクンニを始めました。

足に力を入れて指を入れさせるのをとても嫌がっていたので

俺は力任せに指をねじ込み、マンコをかき回しました。

「ううう」

彼女は目を瞑ったまま

小さくうめき声のような喘ぎ声を出していましたが

足の力は次第に弱り足を開きだしたのです。

俺はすかさずクンニリングスを開始しました。

無味無臭でかすかに石?の匂いがしました。

クンニリングスをすると彼女はついに

「あっあっ」

と私の舌の動きに応じて喘ぎ声をだしました。

普段の私ならフェラチオをして貰うのですが

彼女の喘ぎ声を聞いて辛抱ができません。

俺はコンドームをつけずに我慢汁でペニスが濡れて

テカっているペニスを彼女のマンコに挿入しました。

私のツバと愛液でびっしょり濡れていた彼女は

私のペニスをマジにいい感じで迎え入れてくれました。

俺は腰を動かしながら彼女の顔を見ました。

まぶたは閉じたままですが私のペニスが彼女の膣奥に進むと

「あっ」とちっちゃい声を出します。

その表情はマジにキレイで肌は私に密着してくるようでした。

もう私のペニスは辛抱の限度でした。

「中で出すよ?」

私が聞くと彼女は

「禁止です。ほんとにダメです。」

と今まで閉じていた目を大きく開きました。

俺はピストンを早め強く体を彼女に押し当てるように尻をふりました。

「駄目・・・お願い」

と彼女が言いかけたとき私のペニスは

ドクンドクンと彼女の中で中出しを始めていました。

ほんのちょっと、彼女は私をはねのけようとしましたが

あきらめたのか私のたくさんの精子を受け入れてくれました。

俺は大きく息をはいて彼女の身体から離れました。

彼女は再び目をつむっていました。

時計を見ると5時30分。

「シャワーする?」

と尋ねると彼女は黙ったままシャワールームに出向きました。

ほんの2~3分でシャワーを終えた彼女は

やっぱり無言でパンティをつけ服をきました。

私も吸いかけたタバコを消し去って服を着ました。

何回見ても何処から見てもスタイルもホントにみんな綺麗な子です。

俺はこんな子に生だし出来たことに喜びを感じていました。

ホテルから出るときも送り届けていくときも終わりまで彼女は無言でした。

何日か後に彼女に「もう一度会える?」ってメールをしましたが

メールアドレスが異なっていました。

援交とはいえあの様に綺麗な子に生だしが出来たのは

すごくハッピーです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11