出会い系のS級のお嬢様女子大生が 「オマンコもっと突いて!」と絶叫している

毎朝電車通勤でS級美女を見るのが楽しみでした。

偶然出会い系で見つけたお嬢様女子大生が、そのS級美女でした。


「オマンコをもっと突いて!」

ただいま俺の腕の中で無我夢中で身もだえしてるのは

某お嬢様女子大に通う超美人の女子大生のなおだ。

彼女との付き合いは、俺が大学を

卒業して新入社員になり

JR通勤になったことがスタートです。

毎日、朝同じ様な時刻の車両に乗車しないといけない。

始めのうちはきっちりと列車にまにあっていましたが

仕事にも馴れてきた頃に少し寝過ごしました。、

発車直前乗車という形で乗車した。

俺はいつもは車両の前に乗車していましたが、

この日だけは中央付近でした。

俺が降車するのは乗り込んだ駅から4つ目で

2駅目で乗ってる人たちはかなり下車するのです。

俺は2駅目が通過したときにフッと

気が緩んで周りをふと眺めたら

ある女の子がちょこんとシートに

腰を下ろして本を読んでいました。

あの時は何も感じもしませんでした。

あくる日も俺は少し寝坊をし

またおんなじところに飛び込み乗車をしてしまった。

そして2駅目を通過してまた

同じところにおんなじ女性がいた。

俺はチラホラと横目で眺めて感じたことが・・・綺麗だ!。

大人の感じなのに幼いところもありで、

美人なのにカワイイ!

俺はこの日以来、前方のほうに乗車せずに、

その子に逢いたいがために

列車の真ん中のほうに乗り込んだ

そのような事で毎日気分よく出社していました!

先日の日曜日に情報誌の出会い系に目が止まりました。

「身近で登録者を探しエントリーなしで公開の板に書き込み」

楽しそうだなぁと思い、掲示板でギャルを探した。

出会いが欲しい。

とだけ記載された投稿が!

俺も高校からずっと彼女ができておらず、

何かしらに導かれるように書き込みをしてみました。

返信がこない・・・

すでにパートナーが見つけられたのでは?!

まぁプレイだからいいやぁ

なんていう風に考えていると、返信が返されてきました。

「21歳の女子大生です。

よろしくね^^」

俺は直ちにメールを送信することにした。

案外と会話がフィーバーして、俺もいつの間にかエンジョイしていた。

直接のアドレスは、返信が返ってきた当日に手に入れていて

4~5日間はメールで互いの事を把握し合っていました!

先日会社が早め終了し、俺はメールでこの事を報告すると

「それならこれから会ってみない?私も授業終了だし!」

俺はすぐさま了解した。

待機場所のローソンで、緊張感のためか喉が渇いたので、

喉をうるおしてると

ある女が「○○○さん?」と話し掛けてきた・・・

そうだったんだ!!!JRでいつも見かけていた

件の超綺麗に美しい女の子が

俺の出会い系の子だった。

好運の再会を成し遂げたのだ。

俺はおそらくそのときニヤリとしまったと思う。

それからどんなところに行くかもお喋りしていなかったのに

彼女に手を引かれて「いくつもりのとこあるから」って。

それで到着した先は、ラブホテルだった。

彼女は部屋に入り、たちまち服を脱ぎ出した。

バスにも入っていないのに俺の肉棒にむさぼりつく。

一番最初に書き記したなおチャンがこの子だ。

俺のキンタマからペニスまでを舌できれいにするかのようにペロペロなめる。

俺をベッドに押し倒して、

手コキをしながら尻の穴まで舐めるなおちゃん。

これまでにない経験だった・・・

それからじっくりと俺の肉棒を自分のマンコの中に入れるなおちゃん。

徐々に彼女のオマンコに沈むオレのペニス。

なおちゃんに急にめちゃくちゃにされ、発射しそうになるがどうにかして耐えた。

オレからも強烈にピストンした。

「もっともっと!オマンコ沢山もっと突いてぇ!」

こんな卑猥な淫語を絶叫しながら

連日JRで思いの丈をため込んでいた子が俺の腕の中であえいでる。

「いッイキそう・・・」

俺がそういうとパッと抜き

口でまたチンボを舐めまわして、口の中での発射!

すべての精液をごっくんと呑み下しくれて

「美味しい。」

セックスが終了し話をしていると、

実のところ性交が大好きで、

毎日通学で見ている本は官能小説だった!

彼女の通学する大学はやりマン学校で

若者からは評判の大学だそうです

その後は俺は1月に何回も呼ばれ、

彼女とはカラダのみのつき合いをしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

出会い系のS級のお嬢様女子大生が 「オマンコもっと突いて!」と絶叫している

毎朝電車通勤でS級美女を見るのが楽しみでした。

偶然出会い系で見つけたお嬢様女子大生が、そのS級美女でした。


「オマンコをもっと突いて!」

ただいま俺の腕の中で無我夢中で身もだえしてるのは

某お嬢様女子大に通う超美人の女子大生のなおだ。

彼女との付き合いは、俺が大学を

卒業して新入社員になり

JR通勤になったことがスタートです。

毎日、朝同じ様な時刻の車両に乗車しないといけない。

始めのうちはきっちりと列車にまにあっていましたが

仕事にも馴れてきた頃に少し寝過ごしました。、

発車直前乗車という形で乗車した。

俺はいつもは車両の前に乗車していましたが、

この日だけは中央付近でした。

俺が降車するのは乗り込んだ駅から4つ目で

2駅目で乗ってる人たちはかなり下車するのです。

俺は2駅目が通過したときにフッと

気が緩んで周りをふと眺めたら

ある女の子がちょこんとシートに

腰を下ろして本を読んでいました。

あの時は何も感じもしませんでした。

あくる日も俺は少し寝坊をし

またおんなじところに飛び込み乗車をしてしまった。

そして2駅目を通過してまた

同じところにおんなじ女性がいた。

俺はチラホラと横目で眺めて感じたことが・・・綺麗だ!。

大人の感じなのに幼いところもありで、

美人なのにカワイイ!

俺はこの日以来、前方のほうに乗車せずに、

その子に逢いたいがために

列車の真ん中のほうに乗り込んだ

そのような事で毎日気分よく出社していました!

先日の日曜日に情報誌の出会い系に目が止まりました。

「身近で登録者を探しエントリーなしで公開の板に書き込み」

楽しそうだなぁと思い、掲示板でギャルを探した。

出会いが欲しい。

とだけ記載された投稿が!

俺も高校からずっと彼女ができておらず、

何かしらに導かれるように書き込みをしてみました。

返信がこない・・・

すでにパートナーが見つけられたのでは?!

まぁプレイだからいいやぁ

なんていう風に考えていると、返信が返されてきました。

「21歳の女子大生です。

よろしくね^^」

俺は直ちにメールを送信することにした。

案外と会話がフィーバーして、俺もいつの間にかエンジョイしていた。

直接のアドレスは、返信が返ってきた当日に手に入れていて

4~5日間はメールで互いの事を把握し合っていました!

先日会社が早め終了し、俺はメールでこの事を報告すると

「それならこれから会ってみない?私も授業終了だし!」

俺はすぐさま了解した。

待機場所のローソンで、緊張感のためか喉が渇いたので、

喉をうるおしてると

ある女が「○○○さん?」と話し掛けてきた・・・

そうだったんだ!!!JRでいつも見かけていた

件の超綺麗に美しい女の子が

俺の出会い系の子だった。

好運の再会を成し遂げたのだ。

俺はおそらくそのときニヤリとしまったと思う。

それからどんなところに行くかもお喋りしていなかったのに

彼女に手を引かれて「いくつもりのとこあるから」って。

それで到着した先は、ラブホテルだった。

彼女は部屋に入り、たちまち服を脱ぎ出した。

バスにも入っていないのに俺の肉棒にむさぼりつく。

一番最初に書き記したなおチャンがこの子だ。

俺のキンタマからペニスまでを舌できれいにするかのようにペロペロなめる。

俺をベッドに押し倒して、

手コキをしながら尻の穴まで舐めるなおちゃん。

これまでにない経験だった・・・

それからじっくりと俺の肉棒を自分のマンコの中に入れるなおちゃん。

徐々に彼女のオマンコに沈むオレのペニス。

なおちゃんに急にめちゃくちゃにされ、発射しそうになるがどうにかして耐えた。

オレからも強烈にピストンした。

「もっともっと!オマンコ沢山もっと突いてぇ!」

こんな卑猥な淫語を絶叫しながら

連日JRで思いの丈をため込んでいた子が俺の腕の中であえいでる。

「いッイキそう・・・」

俺がそういうとパッと抜き

口でまたチンボを舐めまわして、口の中での発射!

すべての精液をごっくんと呑み下しくれて

「美味しい。」

セックスが終了し話をしていると、

実のところ性交が大好きで、

毎日通学で見ている本は官能小説だった!

彼女の通学する大学はやりマン学校で

若者からは評判の大学だそうです

その後は俺は1月に何回も呼ばれ、

彼女とはカラダのみのつき合いをしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11