妻が寝取れるのを見たいので3Pしました【後編】

男は妻を指やクンニで何回もいかせました。

最後は妻の中で逝きました。

「ああ~ん・・・」妻の口から喘ぎ声が洩れる。

単身さんはTバックの横から指をもぐりこませ、

直接妻の蜜壺を責める。

耐えられなくなった妻がキスをやめ、単身さんのペニスに顔を持っていこうとする。

しかし「今回は私が・・・・」

と単身さんは妻を寝かせ、膣口に顔を埋めようとする。

「駄目っ!やだ!気恥ずかしい」

日頃から妻はもの凄くクンニリングスを恥ずかしがるのだ。

けれども単身さんはあきらめない。

無理にショーツの上から口を押し付ける。

「や~ん・・・」

舌で刺激を続ける単身さん。

妻の喘ぎ声が一層大きくなる。

どうもTバックを移動させて直接舐めているようだ。

少し経つと単身さんは体を離し、妻を四つん這いにさせた。

妻の熟れた大きな尻にTバックがほどよく似合う。

妻は今やされるがままだ。

お尻を撫で回した後、またTバックをズラして直接舐める。

そして顔を離すと次は指を這わせる。

妻のマンコは濡れそぼってテカテカしているのがわかる。

クリトリスをいじったり、裂けめと併せて指を這わせたり、

(いい写真が撮れた。)

そして、ついに妻の蜜壺に指が飲み込まれていく。

妻は腰を動かして味わっている。

「ああ~、もっとぉ・・・・」

「こんな風ですか?」

単身さんは指を二本にして、強烈にピストンする。

すると・・・

「ああぁぁ~っ!」

妻の身体が硬直し、そんなタイミングで軽く痙攣した。

前戯で、指の出し入れで妻が果てたのをはじめて見た。

妻はうつぶせでグッタリしている。

単身さんのペニスはバスタオルを高くするほどに元気になっている。

ついにかと思ったが、単身さんは妻を上向けにすると

Tバックを脱がせ、また指によるアタックを始めた。

「奥さんのポイントがわかりましたよ」

しばらく指による責めが続くと、

「あっ、あっ、あっ・・・」

「良いでしょ?」

「いい!駄目!いい!何だか出るぅ!」

ますます激しさを増す指の責め。

「ダメダメダメダメ!」

と言いながら、妻は身体を動かして逃げようとする。

でも単身さんは逃がさない。

それからいよいよ、妻はたくさんの潮を吹いた。

この単身さん、すばらしい。

夫婦だと妻が嫌がり、私も追及しないから、これほどの体験はなかった。

完ぺきに妻の本性を引っ張り出してくれた。

妻はとうにぐったりとしている。

その口元に単身さんはペニスをあてがう。

妻はまるで当然のごとく、本能のように咥え込む。

単身さんは妻に跨ってのイラマチオだ。

その上、なんとまあ妻は自分の指でクリをまさぐっている。

ペニスが120%立ち直ると、単身さんは妻の口から抜いた。

妻はまだ自分で身体をいじり続けている。

声は「あ~」ではなく「う゛~」という喘ぎ声に近づいている。

「挿れますよ?」単身さんがコンドームを付けながら問いかける。

妻は「う~ん・・・」と受け答えともハッキリしない声を出す。

単身さんが妻の両脚を抱え込み、その中に割り込んではいる。

「ああ~っ!」妻の喘ぎ声が一回り大きくなる。

うつろな目で妻が私を見ている。

「入っちゃったね?」私が口に出す。

「入っちゃった・・・あん」

「気持ち良い?」

「気持ち・・・いい!」

単身さんは味わってみるように、ゆったりピストン運動を続ける。

「ああ、気持ちいい。あなた~、○○さんのいい気持ちよ~」

黙ってピストン運動を続ける単身さん。浅く、深く。次第に早く。

「あなた~、きらいにならない?このようなことしてる私・・・」

「嫌いになんかならないよ。すばらしいよ。最高だよ。」

「ああ!」

「きみが感づると俺も満足なんだよ。こんなきみが観たかったよ!」

「ああ!いい!気持ちいい。熱くて、硬くて、太くて・・・」

妻に吸い付いて、動きを促進する単身さん。

その背筋に手を回す妻!

「ああぁぁぁ~っ!!」

妻はまた果ててしまったようだ。

単身さんは後背位で突き続けている。

妻は後背位からだと肉壺の締まりがよく、私はすぐ射精してしまう。

単身さんは先ほど一回放出していることもあるし、実にタフだ。。

今日は眺めているだけだったつもりの私もこらえ切れなくなりなってきた。

服を脱ぐとカチンカチンになったペニスを妻の目前に差し出す。

妻は逡巡することなく咥えてくる。

単身さんの突きに応じて、妻の声が私のモノを咥えた口の中でくぐもって響く。

「んっ、んっ、んっ・・・」

その音声が私のペニスに伝わってくる。

最初にして3Pのお楽しみまで体験してしまったようだ。

いち早く果てそうになってしまった私は、妻の口から抜く。

単身さんが「旦那さんも挿れますか?」と訊ねる。

「いや、いいですよ。発射するまで続けて下さい。」

すると単身さんは巧妙に妻の脚を掴んで、体位を入替え

松葉崩しの姿勢になった。

妻は右肩をしたに横を向いて横たわっている。

その妻の頭の下に私は左足を枕のように入れ、

その状態でペニスを咥えさせる。

単身さんもしばらく休憩か、出し入れが静かになってきた。

妻が自分の調子で私のペニスをしゃぶる。

クチャクチャ、ピチャピチャ・・・上と下で卑猥な音がする。

少しの間その平穏な興奮を享受すると

「ぼちぼち射精してもいいですか?」と単身さんがいずれにともなく問いかける。

「どうぞ」と私は言って、妻から距離をとる。

単身さんはまた体位を入れ替え、正常位に戻った。

次第に動作が早くなる。更に激しくなる。

そうした後は単身さんは妻の両脚を抱えて、肩に乗っけた。

大きく出し入れする。

妻の喘ぎ声がますますアップする。

「あっ、あっ、あぁ~・・・」

「発射しますよ」妻の耳の傍でささやく単身さん。

「来て!来て!」

ピストン運動が早まる。

「あ~っ、いい~、○○さんのチンボいい~!来て~!」

汗びっしょりで動き続ける単身さん。

「あっ、イク!」

「来て!あっ!」

妻にカラダを預けてぐったりする単身さん。

その尻に手を回して、ビクビクッと痙攣している妻。

2人一緒に果てたようだ。

いや、正しくは三人同時だ。

私は自分の手で射精していた。

他人と関係する妻を見届けながら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

妻が寝取れるのを見たいので3Pしました【後編】

男は妻を指やクンニで何回もいかせました。

最後は妻の中で逝きました。

「ああ~ん・・・」妻の口から喘ぎ声が洩れる。

単身さんはTバックの横から指をもぐりこませ、

直接妻の蜜壺を責める。

耐えられなくなった妻がキスをやめ、単身さんのペニスに顔を持っていこうとする。

しかし「今回は私が・・・・」

と単身さんは妻を寝かせ、膣口に顔を埋めようとする。

「駄目っ!やだ!気恥ずかしい」

日頃から妻はもの凄くクンニリングスを恥ずかしがるのだ。

けれども単身さんはあきらめない。

無理にショーツの上から口を押し付ける。

「や~ん・・・」

舌で刺激を続ける単身さん。

妻の喘ぎ声が一層大きくなる。

どうもTバックを移動させて直接舐めているようだ。

少し経つと単身さんは体を離し、妻を四つん這いにさせた。

妻の熟れた大きな尻にTバックがほどよく似合う。

妻は今やされるがままだ。

お尻を撫で回した後、またTバックをズラして直接舐める。

そして顔を離すと次は指を這わせる。

妻のマンコは濡れそぼってテカテカしているのがわかる。

クリトリスをいじったり、裂けめと併せて指を這わせたり、

(いい写真が撮れた。)

そして、ついに妻の蜜壺に指が飲み込まれていく。

妻は腰を動かして味わっている。

「ああ~、もっとぉ・・・・」

「こんな風ですか?」

単身さんは指を二本にして、強烈にピストンする。

すると・・・

「ああぁぁ~っ!」

妻の身体が硬直し、そんなタイミングで軽く痙攣した。

前戯で、指の出し入れで妻が果てたのをはじめて見た。

妻はうつぶせでグッタリしている。

単身さんのペニスはバスタオルを高くするほどに元気になっている。

ついにかと思ったが、単身さんは妻を上向けにすると

Tバックを脱がせ、また指によるアタックを始めた。

「奥さんのポイントがわかりましたよ」

しばらく指による責めが続くと、

「あっ、あっ、あっ・・・」

「良いでしょ?」

「いい!駄目!いい!何だか出るぅ!」

ますます激しさを増す指の責め。

「ダメダメダメダメ!」

と言いながら、妻は身体を動かして逃げようとする。

でも単身さんは逃がさない。

それからいよいよ、妻はたくさんの潮を吹いた。

この単身さん、すばらしい。

夫婦だと妻が嫌がり、私も追及しないから、これほどの体験はなかった。

完ぺきに妻の本性を引っ張り出してくれた。

妻はとうにぐったりとしている。

その口元に単身さんはペニスをあてがう。

妻はまるで当然のごとく、本能のように咥え込む。

単身さんは妻に跨ってのイラマチオだ。

その上、なんとまあ妻は自分の指でクリをまさぐっている。

ペニスが120%立ち直ると、単身さんは妻の口から抜いた。

妻はまだ自分で身体をいじり続けている。

声は「あ~」ではなく「う゛~」という喘ぎ声に近づいている。

「挿れますよ?」単身さんがコンドームを付けながら問いかける。

妻は「う~ん・・・」と受け答えともハッキリしない声を出す。

単身さんが妻の両脚を抱え込み、その中に割り込んではいる。

「ああ~っ!」妻の喘ぎ声が一回り大きくなる。

うつろな目で妻が私を見ている。

「入っちゃったね?」私が口に出す。

「入っちゃった・・・あん」

「気持ち良い?」

「気持ち・・・いい!」

単身さんは味わってみるように、ゆったりピストン運動を続ける。

「ああ、気持ちいい。あなた~、○○さんのいい気持ちよ~」

黙ってピストン運動を続ける単身さん。浅く、深く。次第に早く。

「あなた~、きらいにならない?このようなことしてる私・・・」

「嫌いになんかならないよ。すばらしいよ。最高だよ。」

「ああ!」

「きみが感づると俺も満足なんだよ。こんなきみが観たかったよ!」

「ああ!いい!気持ちいい。熱くて、硬くて、太くて・・・」

妻に吸い付いて、動きを促進する単身さん。

その背筋に手を回す妻!

「ああぁぁぁ~っ!!」

妻はまた果ててしまったようだ。

単身さんは後背位で突き続けている。

妻は後背位からだと肉壺の締まりがよく、私はすぐ射精してしまう。

単身さんは先ほど一回放出していることもあるし、実にタフだ。。

今日は眺めているだけだったつもりの私もこらえ切れなくなりなってきた。

服を脱ぐとカチンカチンになったペニスを妻の目前に差し出す。

妻は逡巡することなく咥えてくる。

単身さんの突きに応じて、妻の声が私のモノを咥えた口の中でくぐもって響く。

「んっ、んっ、んっ・・・」

その音声が私のペニスに伝わってくる。

最初にして3Pのお楽しみまで体験してしまったようだ。

いち早く果てそうになってしまった私は、妻の口から抜く。

単身さんが「旦那さんも挿れますか?」と訊ねる。

「いや、いいですよ。発射するまで続けて下さい。」

すると単身さんは巧妙に妻の脚を掴んで、体位を入替え

松葉崩しの姿勢になった。

妻は右肩をしたに横を向いて横たわっている。

その妻の頭の下に私は左足を枕のように入れ、

その状態でペニスを咥えさせる。

単身さんもしばらく休憩か、出し入れが静かになってきた。

妻が自分の調子で私のペニスをしゃぶる。

クチャクチャ、ピチャピチャ・・・上と下で卑猥な音がする。

少しの間その平穏な興奮を享受すると

「ぼちぼち射精してもいいですか?」と単身さんがいずれにともなく問いかける。

「どうぞ」と私は言って、妻から距離をとる。

単身さんはまた体位を入れ替え、正常位に戻った。

次第に動作が早くなる。更に激しくなる。

そうした後は単身さんは妻の両脚を抱えて、肩に乗っけた。

大きく出し入れする。

妻の喘ぎ声がますますアップする。

「あっ、あっ、あぁ~・・・」

「発射しますよ」妻の耳の傍でささやく単身さん。

「来て!来て!」

ピストン運動が早まる。

「あ~っ、いい~、○○さんのチンボいい~!来て~!」

汗びっしょりで動き続ける単身さん。

「あっ、イク!」

「来て!あっ!」

妻にカラダを預けてぐったりする単身さん。

その尻に手を回して、ビクビクッと痙攣している妻。

2人一緒に果てたようだ。

いや、正しくは三人同時だ。

私は自分の手で射精していた。

他人と関係する妻を見届けながら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11