妻を友人に抱かせて寝取らせることができました 【その1/3】

居酒屋で友人と私の妻の3人で飲んだ後で、ホテルへ行きました。

そこで念願だった妻を他人に抱かせることに成功しました。


ずっと前から妻の奈央子を、他人にも性交させる希望がありましたが、

ようやくのこと達成させました。

金輪際考えられないと、拒絶を重ねられてきましたが、

この度酔いに頼った感じで…。

 

私の友達の健一夫婦と4人で飲み屋で飲んでましたが、

友人の妻は実家での用件があるとかで

飲まずに先に帰宅してしまい、

3人でムードが盛り上がりました。

 

奈央子はあまりお酒に強くはないのですが、

自分はいけると思い違いしており、

泥酔になってしまいました。

 

私は迷いを捨てて2人に言い出しました。

3人でラブホテルに行こうと!

健一はもちろんの事驚いていましたが、

奈央子は私の希望を承知していたので「もぉ~」と少し拒絶しました。

 

私もお酒の勢いを利用して説得を続行しました。

健一には行くのに嫌いな理由がありません。

奈央子は38歳ですが、スマートな身体で男好きする容姿です。

「良いね?」とつづけると応答が消え失せました。

タクシーを呼んで、最も近いラブホテルへ。

運転手も「?」てな顔つきでした。

 

部屋に到着すると奈央子、私、健一の順番にシャワーを浴びました。

健一が現れたきたころには奈央子は横になっていました。

ライトを点灯したまま、バスローブをほどいて裸を健一に見せました。

健一はひたすら見いっていました。

 

嫌がっていたのに奈央子はブラジャーはおろか

Tバックも着用していませんでした!

M字に開いてマンコを露出させ、指でオープンするまでもなく

びっしょり濡れているのがよく分かります。

「ウン?」

奈央子の胸に耳をあてがうと心音がバクバク。

ウソ寝です!

 

「奈央子のとろけるようなオンコ、健一に覗かれてるよ」

と耳元でささやくといよいよ喘ぎ声が聞こえました。

一番初めは健一と性交させることに。

私のハートが爆発しそうです。

 

奈央子:「どこへ出すの?」

 

健一:「膣中が駄目なら口内がいい」と健一は遠慮なく話し掛けます。

場合によっては私も口内に発射しますが、

たいがいが乳房への発射で辛抱してるのに!

 

奈央子は応答をしません。

断らないのです!

全裸の2人がつながりだしました。

 

私はベッドに腰掛けて鑑賞です。

奈央子は明かりが眩しいほどに点いた部屋で

健一と丸裸で舌を混ぜ返してています。

私のチンボからは我慢汁が出ています。

我慢汁が止まりません。

 

「奈央子」と呼んでみるとこちらへ視線を注ぎます。

喘ぎ声をもらしながら…。

 

健一の愛撫がひと区切りし、攻守入れ替わりです。

ついに私の愛する妻の奈央子が私以外のペニスを口にします。

結婚指輪を付けたままの指で健一のペニスを持ちました。

健一はそっちの方を見据えます。

上下に擦ると私に視線を注ぎ、奈央子は「やるよ」と一言。

酔いは完全に醒めているようです。

 

私の了解も待たずに咥えるとき目をつむり、

終いに健一のペニスに私のものであるはずの唇を被せました。

私も健一も高ぶり、肩で息をしています。

深々と1往復したところでペニスを口から抜き、

健一の表情を見つめながら舌先で亀頭を刺激しています。

 

健一と奈央子は凝視し合いながら

いずれもフェラチオを味わっているのです。

 

私の妻が!

私は気が狂いそうです。

私のペニスは張り裂けるくらいカチンカチンになっています。

しばらくの間人妻のフェラチオを満喫したあと

「ぶち込む?」と言って、健一は奈央子を四つんばいにしました。

 

私の妻が目と鼻の先で他人に

アナルまで露わにして丸裸で四つんばいです!

 

恥ずかしさより完璧に肉欲にコントロールされているようです。

健一が入れる一瞬、私は奈央子の髪に発射してしまいました。

手で扱かなくてもごく自然に。

私の射精中、健一が奈央子を突き刺しました。

 

奈央子はだらしなく口を半分開きにし、「あ、あ…」と

健一の動作に応じ声が出ています。

 

「奈央子、気持ちよい?」

聞くと焦点の一定しない目で私の方を見ます。

 

「いい気持ちよ…」と答えます。

奈央子が微笑んで!

どうしたことでしょう!

私は気が狂いそうです。

 

射精をしたばかりなのに私は勃起したままです。

「俺のも口に入れてくれる?」

 

「おいでよ」

我慢汁と精子でどろどろの私を

躊躇することなくあっさりと咥えてくれます。

 

健一のペニスを四つんばい肉ひだに咥え込み、

私のペニスに舌を絡める奈央子…素晴らしいです!

健一と私で奈央子を串刺しにしています。

ビデオがないことが悔やまれます。

 

「健一はコンドーム着けずに純生で入れてるよ」

「どっちのチンボがいい?」

「旦那の前で他の人と性交するなんて淫乱だったんだね」

 

奈央子は私にご奉仕しながら、健一の愛撫に我を忘れて答えません。

しかし、尋ねてみるたび間違いなく反応があります。

奈央子はセリフ攻めに当たの中では反応しています。

 

健一:「ぼちぼち出そう」

私は奈央子の口からペニスを抜くと、奈央子を上向けにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

妻を友人に抱かせて寝取らせることができました 【その1/3】

居酒屋で友人と私の妻の3人で飲んだ後で、ホテルへ行きました。

そこで念願だった妻を他人に抱かせることに成功しました。


ずっと前から妻の奈央子を、他人にも性交させる希望がありましたが、

ようやくのこと達成させました。

金輪際考えられないと、拒絶を重ねられてきましたが、

この度酔いに頼った感じで…。

 

私の友達の健一夫婦と4人で飲み屋で飲んでましたが、

友人の妻は実家での用件があるとかで

飲まずに先に帰宅してしまい、

3人でムードが盛り上がりました。

 

奈央子はあまりお酒に強くはないのですが、

自分はいけると思い違いしており、

泥酔になってしまいました。

 

私は迷いを捨てて2人に言い出しました。

3人でラブホテルに行こうと!

健一はもちろんの事驚いていましたが、

奈央子は私の希望を承知していたので「もぉ~」と少し拒絶しました。

 

私もお酒の勢いを利用して説得を続行しました。

健一には行くのに嫌いな理由がありません。

奈央子は38歳ですが、スマートな身体で男好きする容姿です。

「良いね?」とつづけると応答が消え失せました。

タクシーを呼んで、最も近いラブホテルへ。

運転手も「?」てな顔つきでした。

 

部屋に到着すると奈央子、私、健一の順番にシャワーを浴びました。

健一が現れたきたころには奈央子は横になっていました。

ライトを点灯したまま、バスローブをほどいて裸を健一に見せました。

健一はひたすら見いっていました。

 

嫌がっていたのに奈央子はブラジャーはおろか

Tバックも着用していませんでした!

M字に開いてマンコを露出させ、指でオープンするまでもなく

びっしょり濡れているのがよく分かります。

「ウン?」

奈央子の胸に耳をあてがうと心音がバクバク。

ウソ寝です!

 

「奈央子のとろけるようなオンコ、健一に覗かれてるよ」

と耳元でささやくといよいよ喘ぎ声が聞こえました。

一番初めは健一と性交させることに。

私のハートが爆発しそうです。

 

奈央子:「どこへ出すの?」

 

健一:「膣中が駄目なら口内がいい」と健一は遠慮なく話し掛けます。

場合によっては私も口内に発射しますが、

たいがいが乳房への発射で辛抱してるのに!

 

奈央子は応答をしません。

断らないのです!

全裸の2人がつながりだしました。

 

私はベッドに腰掛けて鑑賞です。

奈央子は明かりが眩しいほどに点いた部屋で

健一と丸裸で舌を混ぜ返してています。

私のチンボからは我慢汁が出ています。

我慢汁が止まりません。

 

「奈央子」と呼んでみるとこちらへ視線を注ぎます。

喘ぎ声をもらしながら…。

 

健一の愛撫がひと区切りし、攻守入れ替わりです。

ついに私の愛する妻の奈央子が私以外のペニスを口にします。

結婚指輪を付けたままの指で健一のペニスを持ちました。

健一はそっちの方を見据えます。

上下に擦ると私に視線を注ぎ、奈央子は「やるよ」と一言。

酔いは完全に醒めているようです。

 

私の了解も待たずに咥えるとき目をつむり、

終いに健一のペニスに私のものであるはずの唇を被せました。

私も健一も高ぶり、肩で息をしています。

深々と1往復したところでペニスを口から抜き、

健一の表情を見つめながら舌先で亀頭を刺激しています。

 

健一と奈央子は凝視し合いながら

いずれもフェラチオを味わっているのです。

 

私の妻が!

私は気が狂いそうです。

私のペニスは張り裂けるくらいカチンカチンになっています。

しばらくの間人妻のフェラチオを満喫したあと

「ぶち込む?」と言って、健一は奈央子を四つんばいにしました。

 

私の妻が目と鼻の先で他人に

アナルまで露わにして丸裸で四つんばいです!

 

恥ずかしさより完璧に肉欲にコントロールされているようです。

健一が入れる一瞬、私は奈央子の髪に発射してしまいました。

手で扱かなくてもごく自然に。

私の射精中、健一が奈央子を突き刺しました。

 

奈央子はだらしなく口を半分開きにし、「あ、あ…」と

健一の動作に応じ声が出ています。

 

「奈央子、気持ちよい?」

聞くと焦点の一定しない目で私の方を見ます。

 

「いい気持ちよ…」と答えます。

奈央子が微笑んで!

どうしたことでしょう!

私は気が狂いそうです。

 

射精をしたばかりなのに私は勃起したままです。

「俺のも口に入れてくれる?」

 

「おいでよ」

我慢汁と精子でどろどろの私を

躊躇することなくあっさりと咥えてくれます。

 

健一のペニスを四つんばい肉ひだに咥え込み、

私のペニスに舌を絡める奈央子…素晴らしいです!

健一と私で奈央子を串刺しにしています。

ビデオがないことが悔やまれます。

 

「健一はコンドーム着けずに純生で入れてるよ」

「どっちのチンボがいい?」

「旦那の前で他の人と性交するなんて淫乱だったんだね」

 

奈央子は私にご奉仕しながら、健一の愛撫に我を忘れて答えません。

しかし、尋ねてみるたび間違いなく反応があります。

奈央子はセリフ攻めに当たの中では反応しています。

 

健一:「ぼちぼち出そう」

私は奈央子の口からペニスを抜くと、奈央子を上向けにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11