妻を友人に抱かせて寝取らせることができました【その2/3】

妻は友人に口内ではなくて、生中だしを希望しました。

私は思いもよりませんでした。

健一は正常位で再びインサートします。

「口にいっぱい出してと言えよ」と私は助言するると

 

奈央子は「やっぱりマンコに出して」

と健一に言います。

 

私は失神するくらいエキサイトしました。

愛おしい妻が目と鼻の先で他人に射精されて、

膣だしされたいと欲しがっています!

 

健一と奈央子は遠慮することなくピッチを上げ、

呻き声を上げて逝きました。

 

暫くの間健一は入れたまま奈央子の乳房を吸っていましたが、

奈央子の身体からようやくのこと離れました。

 

私はこらえきれずに奈央子の蜜壺にチンボを挿入しました。

陰肉には健一の精子がいっぱい入っています。

肉壺がゆるゆるになっています。

 

奈央子はイったすぐ後なので、暫くの間応答しませんでしたが、

数十秒後やっと声が出てきました。

 

健一はというと満ち足りたはずなのに、

精液も拭きとらずに奈央子の唇にペニスを差し出します。

 

奈央子はこれをいやがることなくごく自然に口に含むのです。

射精後のクリーニングなんて、

私はついさっきが初めての経験だったのにです。

 

ねたみと亢奮で震える私は、

健一を咥えた奈央子の顔に発射してやりたくなりました。

 

私は狙いどころが悪く、口に持っていくまでに

乳房やあごを汚しました。

それでも奈央子の顔や髪の毛に

精子を放出することができました。

 

奈央子は私の発射を確認し、

健一のペニスを口から外して手招きしました。

そして健一と同じようにフェラで掃除してくれました。

健一のチンボを握ったままですが。

1回目はこんなんで終了です。

 

何といってもいつもはきまじめで良妻賢母の奈央子が

このような醜態を…。

淫乱になった奈央子をとても愛おしく思います。

私の大切な妻です。

1回目は終了しました。

一旦休憩です。

 

奈央子はシャワーを浴びにお風呂へ。

射精を1回終了した健一と2回の私は

高ぶった心理状態も一段落しました。

私たちはバスローブを着用して椅子に座ってビールを飲んでいました。

 

健一:「このようなこと何度かおこなってんの?」

 

私:「いいや、思いだけはあったけど奈央子が了承しないんで。

今日は酔っ払ってしまってたんだろうな。

アルコール様々。

しかしながら酔ったふりのような気持ちもせんでもないな。

落ち着いて性交を味わってたようにも思えた。

俺との性交は割りかし淡白にオーソドックスだし。」

 

健一:「自分の妻は確実にだめだろうなぁ。」

 

私:「間違っても言うなよ。

俺もお前の奥さんとやらせろとは言わんし。

奈央子はどうだったかな?」

 

健一:「自分の嫁さんと違って身体スレンダーだし、ナイスだったよ。

膣中で出したけど良かったんか?お前、怒らんの?」

 

私:「奈央子が求めたんだから。妊娠はせんだろ。

奴はそういったところきちんと想定しているから。」

きちんとしてる…なんて亭主の目と鼻の先で

他の男と性交した女に当て嵌まるか…?

 

奈央子がシャワーから出てきました。

「玲子ちゃん(健一の奥さんです)には本当に言わないでね。

当たり前ですが他の人にも。」

 

健一:「勿論じゃん。命を奪われるよ!」

 

私:「健一のチンボ良かった?お前酔い醒めてただろ。」

 

奈央子:「実は最初のシャワーで正気に戻ってたの。

お店で吐いちゃったし。

しかし何だか拒否したら拍子は悪いって

気まずい空気になるような気がして…。

今日どうするの?泊まるの?

玲子ちゃんも今晩帰えんないんでしょ?」

 

健一:「お前の家に泊まったことにしようか。

奈央子ちゃん、もっとしたい?やらせてくれる?」

 

健一の肉欲が戻ったようです。

奈央子は私をちょっと見ます。

 

私:「ようやくのチャンスだから

この他には3Pならではのこと試してみるか?

ビデオ準備してくりゃよかったか?」

 

奈央子:「駄目!証拠に残っているものはぜったいにダメ!」

本気のようです。

 

健一:「それじゃ、今晩のことは忘却するということでonce more!

俺、身体流してくるわ。」

とお風呂に消えました。

 

私:「お前、凄かったじゃん。あれ本性?

結婚してから不倫とか本当にないの?

ぜったい腹を立てないから言ってみ。」

 

奈央子:「あるわけないよ。今日のところは本当に吹っ飛んだだけ。」

 

私:「じゃ、よそでもハジケるかもわかんないじゃん。

二度と出先で飲酒するの禁止。」

 

奈央子:「えー。それは無いって。

何とかあなたが喜ぶと思って了解したしたのに!」

 

私:「冗談冗談。本当は俺のいないところでも他人に入れられてもええよ。」

 

奈央子:「もぉー。どのあたりまでマジか皆目わからない。」

こんなふうにしてると健一が戻りました。

交替で私がバスルームへいきました。

私が戻ってみると、ベッドですでに健一のチンボを咥えてます。

 

「おいおい。」

何だか仲間外れにされたようで歯がゆい。

 

射精がある男とは異なって女はスタミナが残ってる限り情欲は持続するようです。

しかしながら自分の家内は違うと考えてましたが…。

 

私のペニスも元気になっています。

奈央子の唇に見せ付けてみました。

奈央子はごく自然に手にとり、しごきます。

それから何回も健一のペニスと交替で口でサービスしてくれます。

 

私:「健一の咥えて、こちら見て。」

 

健一:「奈央子ちゃん、こっちも。」

奈央子はそのことに応じてくれます。

意図的に卑猥な面持ちで、口元も舌の動きもみせつけます。

 

健一:「奈央子ちゃん、本当にすごいね。亭主仕込まれた?」

 

奈央子:「ううん。時々いろいろなの舐めてるから。」

 

私:「えっ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

妻を友人に抱かせて寝取らせることができました【その2/3】

妻は友人に口内ではなくて、生中だしを希望しました。

私は思いもよりませんでした。

健一は正常位で再びインサートします。

「口にいっぱい出してと言えよ」と私は助言するると

 

奈央子は「やっぱりマンコに出して」

と健一に言います。

 

私は失神するくらいエキサイトしました。

愛おしい妻が目と鼻の先で他人に射精されて、

膣だしされたいと欲しがっています!

 

健一と奈央子は遠慮することなくピッチを上げ、

呻き声を上げて逝きました。

 

暫くの間健一は入れたまま奈央子の乳房を吸っていましたが、

奈央子の身体からようやくのこと離れました。

 

私はこらえきれずに奈央子の蜜壺にチンボを挿入しました。

陰肉には健一の精子がいっぱい入っています。

肉壺がゆるゆるになっています。

 

奈央子はイったすぐ後なので、暫くの間応答しませんでしたが、

数十秒後やっと声が出てきました。

 

健一はというと満ち足りたはずなのに、

精液も拭きとらずに奈央子の唇にペニスを差し出します。

 

奈央子はこれをいやがることなくごく自然に口に含むのです。

射精後のクリーニングなんて、

私はついさっきが初めての経験だったのにです。

 

ねたみと亢奮で震える私は、

健一を咥えた奈央子の顔に発射してやりたくなりました。

 

私は狙いどころが悪く、口に持っていくまでに

乳房やあごを汚しました。

それでも奈央子の顔や髪の毛に

精子を放出することができました。

 

奈央子は私の発射を確認し、

健一のペニスを口から外して手招きしました。

そして健一と同じようにフェラで掃除してくれました。

健一のチンボを握ったままですが。

1回目はこんなんで終了です。

 

何といってもいつもはきまじめで良妻賢母の奈央子が

このような醜態を…。

淫乱になった奈央子をとても愛おしく思います。

私の大切な妻です。

1回目は終了しました。

一旦休憩です。

 

奈央子はシャワーを浴びにお風呂へ。

射精を1回終了した健一と2回の私は

高ぶった心理状態も一段落しました。

私たちはバスローブを着用して椅子に座ってビールを飲んでいました。

 

健一:「このようなこと何度かおこなってんの?」

 

私:「いいや、思いだけはあったけど奈央子が了承しないんで。

今日は酔っ払ってしまってたんだろうな。

アルコール様々。

しかしながら酔ったふりのような気持ちもせんでもないな。

落ち着いて性交を味わってたようにも思えた。

俺との性交は割りかし淡白にオーソドックスだし。」

 

健一:「自分の妻は確実にだめだろうなぁ。」

 

私:「間違っても言うなよ。

俺もお前の奥さんとやらせろとは言わんし。

奈央子はどうだったかな?」

 

健一:「自分の嫁さんと違って身体スレンダーだし、ナイスだったよ。

膣中で出したけど良かったんか?お前、怒らんの?」

 

私:「奈央子が求めたんだから。妊娠はせんだろ。

奴はそういったところきちんと想定しているから。」

きちんとしてる…なんて亭主の目と鼻の先で

他の男と性交した女に当て嵌まるか…?

 

奈央子がシャワーから出てきました。

「玲子ちゃん(健一の奥さんです)には本当に言わないでね。

当たり前ですが他の人にも。」

 

健一:「勿論じゃん。命を奪われるよ!」

 

私:「健一のチンボ良かった?お前酔い醒めてただろ。」

 

奈央子:「実は最初のシャワーで正気に戻ってたの。

お店で吐いちゃったし。

しかし何だか拒否したら拍子は悪いって

気まずい空気になるような気がして…。

今日どうするの?泊まるの?

玲子ちゃんも今晩帰えんないんでしょ?」

 

健一:「お前の家に泊まったことにしようか。

奈央子ちゃん、もっとしたい?やらせてくれる?」

 

健一の肉欲が戻ったようです。

奈央子は私をちょっと見ます。

 

私:「ようやくのチャンスだから

この他には3Pならではのこと試してみるか?

ビデオ準備してくりゃよかったか?」

 

奈央子:「駄目!証拠に残っているものはぜったいにダメ!」

本気のようです。

 

健一:「それじゃ、今晩のことは忘却するということでonce more!

俺、身体流してくるわ。」

とお風呂に消えました。

 

私:「お前、凄かったじゃん。あれ本性?

結婚してから不倫とか本当にないの?

ぜったい腹を立てないから言ってみ。」

 

奈央子:「あるわけないよ。今日のところは本当に吹っ飛んだだけ。」

 

私:「じゃ、よそでもハジケるかもわかんないじゃん。

二度と出先で飲酒するの禁止。」

 

奈央子:「えー。それは無いって。

何とかあなたが喜ぶと思って了解したしたのに!」

 

私:「冗談冗談。本当は俺のいないところでも他人に入れられてもええよ。」

 

奈央子:「もぉー。どのあたりまでマジか皆目わからない。」

こんなふうにしてると健一が戻りました。

交替で私がバスルームへいきました。

私が戻ってみると、ベッドですでに健一のチンボを咥えてます。

 

「おいおい。」

何だか仲間外れにされたようで歯がゆい。

 

射精がある男とは異なって女はスタミナが残ってる限り情欲は持続するようです。

しかしながら自分の家内は違うと考えてましたが…。

 

私のペニスも元気になっています。

奈央子の唇に見せ付けてみました。

奈央子はごく自然に手にとり、しごきます。

それから何回も健一のペニスと交替で口でサービスしてくれます。

 

私:「健一の咥えて、こちら見て。」

 

健一:「奈央子ちゃん、こっちも。」

奈央子はそのことに応じてくれます。

意図的に卑猥な面持ちで、口元も舌の動きもみせつけます。

 

健一:「奈央子ちゃん、本当にすごいね。亭主仕込まれた?」

 

奈央子:「ううん。時々いろいろなの舐めてるから。」

 

私:「えっ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11