熟女との性交は蜜壺がねっとりしてて、チンコがマジで気持ちいい【前編】

豊満な熟女の沙友里と車中でフェラで出したあと、彼女の家に招き入れられました。

 

エントランスに入ると車内と同様何かしら良いにおいがする。

今まで女性の家へお邪魔したことは何回もあったが、

おとなの奥さんのところは初めてだったので妙に心臓がバクバクした。

入り口から一直線に行けばすぐにリビングルーム。

右側側の入口を開けてみると寝室だった。

良く整理されている。

こういう類の仕事をしている女性は清掃なんかやらないと考えていた。

ところが、沙友里はちゃんとそうじも整頓もやれる女性だったのだ。

沙友里はすぐさま洋服を脱ぎだした。

洋服の上下を脱いだ様は、つまり上はトップス、

下はTバックにストッキングという

はなはだ卑猥さを覚える姿でベッドに腰かけた。

「拓也君も洋服脱いでここきなよ」

「う、うん」

やっぱり熟女だ。

俺は性交体験では少なくないはずなのに完全に気おされた。

俺は直ぐ様洋服を脱いでパンツだけになった。

「ヘぇーっ、すばらしい身体してるね。

昔の亭主なんて二十代からおなか出てたからなぁ」

「なんだかんだあっても小学校からサッカーやってたし、現在でも時々スポーツジムで身体鍛えてるから」

「そうだね~、何だか興奮してきたなァ」

そういうとやにわに沙友里は、俺の胸に顔をうずめるように持ってきた。

俺はそのままベッドに横になる。

俺の乳首の周辺に舌を這わせながら、右手の方はブリーフの中へ。

俺は一回放出してから1時間くらい経過していたので、すでにチンコはカチンカチンになっていた。

沙友里の大きな乳房が俺の太腿の部分に当たっている。

つい先程はブラウスとブラジャーが邪魔していたが、今回は直接にいじりたくなった。

身体を起こすようにして沙友里を仰向けにすると、

俺はブラウスのボタンを速攻で外し、淡いピンク色のブラジャーの止め金を外した。

見事に出現した二つの乳ぶさは俺が

過去に性交相手にしてきた女ではもっとも大きかった。

それのみではない。

乳首がツンと上を向いてて、上向きになってもカタチを崩さずにあった。

沙友里は自分自身からブラウスを脱いでブラジャーを取ったので、

下は茶色いパンティストッキングだけになった。

俺はともかく左右の手で熟れに熟れた巨大な果実を揉みだした。

沙友里はまた俺のパンパンになった肉棒を掴む。

片方の乳首を口に含むと「アンッ」と喘ぎ声を出した。

俺が舌の先で廻すようにすると「ハアッ、ハアッ」と息づかいが激しくなる。

相当感じているな。

そのように考えた俺は空いている手を下におろしていく。

パンティストッキングのマチのところに指を二本挟み込むようにして、

下から上へ、上から下へと何回も上下させると身体をくねらせる。

沙友里は「アアア~ンン」と喘ぎ声を長い間引っ張った。

沙友里は左右の手で俺のパンツに手をかけると、

膝まで下げて、肉棒をしごき始めた。

若いギャルとは全く異なっていて力の入れ具合とか、

亀頭の雁の摩り方とかが素晴らしい!!

俺も気後れすることなく沙友里のパンストの腰ゴムに手をかけると

Tバックごと膝まで下ろした。

素っ裸になった沙友里はふっくらとしてても

腰のくびれは少なからずあって、素肌もつるつるとしてて艶やかだった。

沙友里のアソコの毛はちょっと濃い感じである。

その茂みの下側にある蜜壺の部分がびっしょり濡れていた。

指をソッと挿入してみる。

ヌメヌメしていて時にキュッとキャッチするような感じがする。

沙友里の膣口の突起部分にタッチしてみると膝をよじって

「アン、そこの部分はダメ!いっちゃう」

と叫びながらも、敢えて圧迫してくるような動き方をしてくる。

その間でも沙友里が擦り続けた俺の肉根は。ぼちぼち辛抱が不可能になってきた。

「沙友里さん、挿入してもいい?」

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

熟女との性交は蜜壺がねっとりしてて、チンコがマジで気持ちいい【前編】

豊満な熟女の沙友里と車中でフェラで出したあと、彼女の家に招き入れられました。

 

エントランスに入ると車内と同様何かしら良いにおいがする。

今まで女性の家へお邪魔したことは何回もあったが、

おとなの奥さんのところは初めてだったので妙に心臓がバクバクした。

入り口から一直線に行けばすぐにリビングルーム。

右側側の入口を開けてみると寝室だった。

良く整理されている。

こういう類の仕事をしている女性は清掃なんかやらないと考えていた。

ところが、沙友里はちゃんとそうじも整頓もやれる女性だったのだ。

沙友里はすぐさま洋服を脱ぎだした。

洋服の上下を脱いだ様は、つまり上はトップス、

下はTバックにストッキングという

はなはだ卑猥さを覚える姿でベッドに腰かけた。

「拓也君も洋服脱いでここきなよ」

「う、うん」

やっぱり熟女だ。

俺は性交体験では少なくないはずなのに完全に気おされた。

俺は直ぐ様洋服を脱いでパンツだけになった。

「ヘぇーっ、すばらしい身体してるね。

昔の亭主なんて二十代からおなか出てたからなぁ」

「なんだかんだあっても小学校からサッカーやってたし、現在でも時々スポーツジムで身体鍛えてるから」

「そうだね~、何だか興奮してきたなァ」

そういうとやにわに沙友里は、俺の胸に顔をうずめるように持ってきた。

俺はそのままベッドに横になる。

俺の乳首の周辺に舌を這わせながら、右手の方はブリーフの中へ。

俺は一回放出してから1時間くらい経過していたので、すでにチンコはカチンカチンになっていた。

沙友里の大きな乳房が俺の太腿の部分に当たっている。

つい先程はブラウスとブラジャーが邪魔していたが、今回は直接にいじりたくなった。

身体を起こすようにして沙友里を仰向けにすると、

俺はブラウスのボタンを速攻で外し、淡いピンク色のブラジャーの止め金を外した。

見事に出現した二つの乳ぶさは俺が

過去に性交相手にしてきた女ではもっとも大きかった。

それのみではない。

乳首がツンと上を向いてて、上向きになってもカタチを崩さずにあった。

沙友里は自分自身からブラウスを脱いでブラジャーを取ったので、

下は茶色いパンティストッキングだけになった。

俺はともかく左右の手で熟れに熟れた巨大な果実を揉みだした。

沙友里はまた俺のパンパンになった肉棒を掴む。

片方の乳首を口に含むと「アンッ」と喘ぎ声を出した。

俺が舌の先で廻すようにすると「ハアッ、ハアッ」と息づかいが激しくなる。

相当感じているな。

そのように考えた俺は空いている手を下におろしていく。

パンティストッキングのマチのところに指を二本挟み込むようにして、

下から上へ、上から下へと何回も上下させると身体をくねらせる。

沙友里は「アアア~ンン」と喘ぎ声を長い間引っ張った。

沙友里は左右の手で俺のパンツに手をかけると、

膝まで下げて、肉棒をしごき始めた。

若いギャルとは全く異なっていて力の入れ具合とか、

亀頭の雁の摩り方とかが素晴らしい!!

俺も気後れすることなく沙友里のパンストの腰ゴムに手をかけると

Tバックごと膝まで下ろした。

素っ裸になった沙友里はふっくらとしてても

腰のくびれは少なからずあって、素肌もつるつるとしてて艶やかだった。

沙友里のアソコの毛はちょっと濃い感じである。

その茂みの下側にある蜜壺の部分がびっしょり濡れていた。

指をソッと挿入してみる。

ヌメヌメしていて時にキュッとキャッチするような感じがする。

沙友里の膣口の突起部分にタッチしてみると膝をよじって

「アン、そこの部分はダメ!いっちゃう」

と叫びながらも、敢えて圧迫してくるような動き方をしてくる。

その間でも沙友里が擦り続けた俺の肉根は。ぼちぼち辛抱が不可能になってきた。

「沙友里さん、挿入してもいい?」

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11