熟女との性交は蜜壺がねっとりしてて、チンコがマジで気持ちいい【後編】

俺は沙友里の中に割って入った。

沙友里の蜜壺は別の生き物かと思うほど、俺の亀頭に纏わりついてやさしく包んでくれた。


「ええ、良いよ。挿入して!」

俺は沙友里の膝をまげて左右に大きく開くと

パンティストッキングとTバックを足から除き、

あらわになった蜜壺の部分に亀頭を当てる。

沙友里は両手で俺を抱き寄せてきた。

俺がグイッと尻を前に出すと、ズブッというような感じで沙友里の蜜壺に入っていった。

スキンをしていないので生出しはできない。

しかしながら、沙友里の蜜壺はとても心地良い。

子供を生んだことのない秘孔はあったかでちょっと締められているようで、

何だか膣奥の方に取り込まれていくような感覚さえした。

俺は脇目も振らず尻を振った。

その都度沙友里は

「アフッ、アフッ」とよがり声を出す。

歳の割合からすれば今までの経験が多かった俺は

そこら中に存在している年が若い男たちとは違い直ちには果てない。

先ほどの自動車の中では貯まっていたのと

沙友里の性技で不覚をとってしまったが、

今回はそんなにたやすく発射することなどできない。

ましてコンドーム無しの生挿入だ。

「拓也君っ、もっともっと、もっともっとよ、もっともっとちょうだい!」

俺が尻を入れ込むたびに沙友里は、

蜜壺のこりこりの部分を、

俺の肉棒にこすりつけるように、尻を浮かせてかじりついてくる。

沙友里はクリトリスがとりわけ急所みたいだった。

そんな訳で俺はそれを念頭に置いて、

それに見合った挿入角度を維持して尻を前後させた。

当然その間中も左右の手で沙友里の乳ぶさを揉み揉みして、

舌先で乳首を回転させる。

「アフェ、アフェ、素晴らしいわ、いいわ、

もっともっと、もっともっと~ォ!!」

およそ十分くらいは奮闘した。

沙友里がぼちぼちクライマックスに接近してきた頃、

甘美な蜜壺の具合に変調が出た。

これまで握っては緩めるような感触を反復していたのが、

グニュグニュと揉みしだくような動作に変化を見せた。

このことはこれまでにない感覚だ。

沙友里の蜜壺の肉ひだが別の生命体のように、

俺の肉棒を取りまいて抱擁してくれている。

これはすごい、凄すぎる。

こういった心地良さにすでに逝きそうな感じが満ちてきた。

我慢の限界が巡って来た。

「沙友里さん、ごめんね、俺イク~。

いよいよ発射しそう!」

寸前のところで引き抜いて沙友里のお腹のあたりにピュッ、ピュッ、ビュッと発射した。

沙友里は気だるそうに起きて、

ティッシュペーパーで俺の射精した白い精液をふき去りながら

「あ~あ!ふたたびあなただけ果てちゃって。」

「でも沙友里さんがあまりにも良かったから。

その上コンドームしてないし・・・」

「そういった言い逃れしても駄目よ。

きちんと勤めを果たして」

俺は沙友里に面目ないので、このままの状態で

身体を股間に移動させてクンニリングスを開始した。

沙友里はカラダの方向を変化させると、

二人は側位の69の体位になった。

部屋中に「クチュ、クチュ」という卑猥な音が聞こえる。

沙友里はやわらかくなった肉棒を

吸いあげるように口の中で全体的に包む。

そうしてからその舌の動きが

俺の鋭敏なポイントを正確に受け止める。

カチッカチの状態になったのを確かめて

「もう一度よ」

こう言ったあと俺のペニスに乗って、

肉棒の先を蜜壺の部分にあてると尻を下ろしてきた。

そうしてから、俺の肩の上に手をつけて尻を前後に動かしだした。

今までで果てるほんのちょっと手前の段階までやってきた沙友里は

「アフェ、アフェ」を繰り返し。

俺も沙友里の動作に応じて尻を突き上げた。

そうした後は俺は身体を引き起こして茶臼の体位をとった。

沙友里は俺にかじりついてくる。

俺は一方の乳首を口に入れて、もう片方の乳房を揉み揉みした。

「拓也君、凄い!!奥に当たってる、奥に当たってる。いい~ッッ」

3回目なんで今回は長くキープしした。

間もなく沙友里の方が

「イッ、イッ、イックゥ~ッッ!!」

と大きな声で叫び身体をそらせた。

今の声は自宅の外まで聞こえてるかなと感じた。

「俺はまだまだだから」

「拓也君も射精して、中に放出して良いよ」

俺は沙友里の身体をベッドに仰向けにすると

今回は俺が中心になる。

沙友里の蜜壺の部分はもうすでにトロトロのの様子だった。

俺は間断なく尻を振る。

沙友里が再び「アフェ、アフェ」と叫びだした時分に

いよいよこの日3回目の発射が近くなってきた。

ゴムをしていないので時間を計っていると

「駄目、駄目、またいっちゃう、いっちゃうよ~」

沙友里は両方の足で俺の腰を挟み込むようにし、

両方の腕でピタリと抱きついてきた。

俺はどうにか抜き出して放出しようとしたが遅かった。

ドパッ、ドパッと俺自体が初めての生出しをやってしまった。

コンドームでキャッチされていない

なんとも言いがたい開放感が俺を満たした。

沙友里の甘美な蜜壺が俺の精子で充填されていく。

すべて吐出し終了してから

「ごめん、膣中で放出しちゃった」

「多分問題ないと思う。

でも大丈夫じゃなかったら責任取ってくれるの?」

「・・・・・・」

「ウソ、ウソ。

拓也君に面倒かけないよ。

誘ったの私だから。

それはそうと私良かった?」

「ええ、メチャクチャ良かった。

あんまり上手に行かなくてごめんなさい」

「良いよ、きちんと2回も果てさしてくれたから。

次回はしっかりとコンドームして、心置きなく膣中で放出しようね」

沙友里はそういうと幼い子供を抱くお母さんのように、

俺を抱擁してくれた。

それ以降、俺と沙友里の関係は6ヶ月間継続した。

沙友里はゴムもセックスの場所も一切合切出してくれるので

俺はふところの中を気に掛けることもありませんでした。

6ヵ月後、沙友里は職場を変えて海外へ行ってしまった。

けれども、性交後の英語の特訓のせいで俺は問題なく○○大学に合格した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

熟女との性交は蜜壺がねっとりしてて、チンコがマジで気持ちいい【後編】

俺は沙友里の中に割って入った。

沙友里の蜜壺は別の生き物かと思うほど、俺の亀頭に纏わりついてやさしく包んでくれた。


「ええ、良いよ。挿入して!」

俺は沙友里の膝をまげて左右に大きく開くと

パンティストッキングとTバックを足から除き、

あらわになった蜜壺の部分に亀頭を当てる。

沙友里は両手で俺を抱き寄せてきた。

俺がグイッと尻を前に出すと、ズブッというような感じで沙友里の蜜壺に入っていった。

スキンをしていないので生出しはできない。

しかしながら、沙友里の蜜壺はとても心地良い。

子供を生んだことのない秘孔はあったかでちょっと締められているようで、

何だか膣奥の方に取り込まれていくような感覚さえした。

俺は脇目も振らず尻を振った。

その都度沙友里は

「アフッ、アフッ」とよがり声を出す。

歳の割合からすれば今までの経験が多かった俺は

そこら中に存在している年が若い男たちとは違い直ちには果てない。

先ほどの自動車の中では貯まっていたのと

沙友里の性技で不覚をとってしまったが、

今回はそんなにたやすく発射することなどできない。

ましてコンドーム無しの生挿入だ。

「拓也君っ、もっともっと、もっともっとよ、もっともっとちょうだい!」

俺が尻を入れ込むたびに沙友里は、

蜜壺のこりこりの部分を、

俺の肉棒にこすりつけるように、尻を浮かせてかじりついてくる。

沙友里はクリトリスがとりわけ急所みたいだった。

そんな訳で俺はそれを念頭に置いて、

それに見合った挿入角度を維持して尻を前後させた。

当然その間中も左右の手で沙友里の乳ぶさを揉み揉みして、

舌先で乳首を回転させる。

「アフェ、アフェ、素晴らしいわ、いいわ、

もっともっと、もっともっと~ォ!!」

およそ十分くらいは奮闘した。

沙友里がぼちぼちクライマックスに接近してきた頃、

甘美な蜜壺の具合に変調が出た。

これまで握っては緩めるような感触を反復していたのが、

グニュグニュと揉みしだくような動作に変化を見せた。

このことはこれまでにない感覚だ。

沙友里の蜜壺の肉ひだが別の生命体のように、

俺の肉棒を取りまいて抱擁してくれている。

これはすごい、凄すぎる。

こういった心地良さにすでに逝きそうな感じが満ちてきた。

我慢の限界が巡って来た。

「沙友里さん、ごめんね、俺イク~。

いよいよ発射しそう!」

寸前のところで引き抜いて沙友里のお腹のあたりにピュッ、ピュッ、ビュッと発射した。

沙友里は気だるそうに起きて、

ティッシュペーパーで俺の射精した白い精液をふき去りながら

「あ~あ!ふたたびあなただけ果てちゃって。」

「でも沙友里さんがあまりにも良かったから。

その上コンドームしてないし・・・」

「そういった言い逃れしても駄目よ。

きちんと勤めを果たして」

俺は沙友里に面目ないので、このままの状態で

身体を股間に移動させてクンニリングスを開始した。

沙友里はカラダの方向を変化させると、

二人は側位の69の体位になった。

部屋中に「クチュ、クチュ」という卑猥な音が聞こえる。

沙友里はやわらかくなった肉棒を

吸いあげるように口の中で全体的に包む。

そうしてからその舌の動きが

俺の鋭敏なポイントを正確に受け止める。

カチッカチの状態になったのを確かめて

「もう一度よ」

こう言ったあと俺のペニスに乗って、

肉棒の先を蜜壺の部分にあてると尻を下ろしてきた。

そうしてから、俺の肩の上に手をつけて尻を前後に動かしだした。

今までで果てるほんのちょっと手前の段階までやってきた沙友里は

「アフェ、アフェ」を繰り返し。

俺も沙友里の動作に応じて尻を突き上げた。

そうした後は俺は身体を引き起こして茶臼の体位をとった。

沙友里は俺にかじりついてくる。

俺は一方の乳首を口に入れて、もう片方の乳房を揉み揉みした。

「拓也君、凄い!!奥に当たってる、奥に当たってる。いい~ッッ」

3回目なんで今回は長くキープしした。

間もなく沙友里の方が

「イッ、イッ、イックゥ~ッッ!!」

と大きな声で叫び身体をそらせた。

今の声は自宅の外まで聞こえてるかなと感じた。

「俺はまだまだだから」

「拓也君も射精して、中に放出して良いよ」

俺は沙友里の身体をベッドに仰向けにすると

今回は俺が中心になる。

沙友里の蜜壺の部分はもうすでにトロトロのの様子だった。

俺は間断なく尻を振る。

沙友里が再び「アフェ、アフェ」と叫びだした時分に

いよいよこの日3回目の発射が近くなってきた。

ゴムをしていないので時間を計っていると

「駄目、駄目、またいっちゃう、いっちゃうよ~」

沙友里は両方の足で俺の腰を挟み込むようにし、

両方の腕でピタリと抱きついてきた。

俺はどうにか抜き出して放出しようとしたが遅かった。

ドパッ、ドパッと俺自体が初めての生出しをやってしまった。

コンドームでキャッチされていない

なんとも言いがたい開放感が俺を満たした。

沙友里の甘美な蜜壺が俺の精子で充填されていく。

すべて吐出し終了してから

「ごめん、膣中で放出しちゃった」

「多分問題ないと思う。

でも大丈夫じゃなかったら責任取ってくれるの?」

「・・・・・・」

「ウソ、ウソ。

拓也君に面倒かけないよ。

誘ったの私だから。

それはそうと私良かった?」

「ええ、メチャクチャ良かった。

あんまり上手に行かなくてごめんなさい」

「良いよ、きちんと2回も果てさしてくれたから。

次回はしっかりとコンドームして、心置きなく膣中で放出しようね」

沙友里はそういうと幼い子供を抱くお母さんのように、

俺を抱擁してくれた。

それ以降、俺と沙友里の関係は6ヶ月間継続した。

沙友里はゴムもセックスの場所も一切合切出してくれるので

俺はふところの中を気に掛けることもありませんでした。

6ヵ月後、沙友里は職場を変えて海外へ行ってしまった。

けれども、性交後の英語の特訓のせいで俺は問題なく○○大学に合格した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11