私の陰毛が愛液でびしょぬれになるほど激しく官能的な不倫です【前編】

子どもにそれほど手がかからなくなった今、私の押さえられていた情欲が疼き始めました。

初めての出会い系サイト「PCMAX」で今の彼と出会いました。


私は38才の妻で思いやりのある旦那と3人の子供たちに支えられて

単調ですが幸福な日々を送っていました。

一緒になって15年・・

夫とのSEXは現在でも週1回の間隔。

でもこのSEXで私がクライマックスに到達することはほとんどないです。

もっと言うなら濡れることさえ難しい状況です。

にもかかわらず催促していくのはいつもながら私です。

こんな女として悶々とした感情を、隠しながら過ごしていたのです。

自分自身が欲しているものが何か、そのことに気づいているのに。

その後子供たちもそれ相応に成長しました。

現在は自分自身のひとときがもてるようになりました。

私は『PCMAX』という

出会い系サイトに足を踏み入れてしまったのです。

ここで出会った彼は私の暮らしているところからすぐ目の前でした。

ご近所というだけで危険性を感じ取った私ですが。

しかしながら“転勤でひとり暮し”という文字に躊躇する思いよりも

“彼がこちらにいる期間だけ全て忘れ去って女の快感を感じ取りたい”

こんな感じで彼とメールアドレスのコミュニケーションが始まりました。

私がずーっと長期間、封じ込んでいた情欲は

二人の距離をつめる度合いをますますどこまでも短くしていきました。

まずは彼の容姿を見てみたくて・・。

レンタルビデオ屋さんで待ち合わせして顔つきだけ確かめ合おうということになりました。

【ダークグレーの洋服。眼鏡をかけている】・・・私はビデオ店に立ち入るなり彼を探し出しました。

それから微笑んで初対面。

彼はずいぶんステキな人で私は完全に一目惚れの状況です。

その事実だけ確認して帰る心づもりが、店内には私たちしかお客さんはいなかった。

私たちは店の奥の方へ。

その場所で話をしました。

人様に見られたら・・そう考えると何時間もそこの所に立ち止まってはいられません。

帰ろうとする時、当たり前のように彼が握手の手を出してきました。

私もあたり前のように手を出し握手・・

すると彼はその手をきつく握り、私を引き寄せ顔を近づけてきました。

ビックリした私は軽く唇が接触したところで彼から離れて彼の目を凝視してからお店を出ました。

その夜は彼がステキな人だったことが楽しいのか、

彼にだしぬけにキスを要求されて緊張したからか、

それともあのキスが物足りなかったからか、

どうしても眠れませんでした。

翌日その実情をメールに書いて送っていました。

すると仕事を都合して時間を作ってくれた彼が、

「ちょっとで良いから会いたい」と言ってくれて顔を合わせることになりました。

それから待合場所のパーキングの車の中。

もう抑え付けることが不可能になった私は

“あのキスじゃ物足りなかった”

と強烈に唇を重ねて舌を絡ませ合い唾を吸い合いました。

それから私の手は彼のズボンの中をまさぐりました。

何年かぶりに触れる夫以外のペニスでした。

こんなのは今まで私が手にした物の中で比べようがないほどのデカさでした。

色も形もものすごくエロい。

生真面目な私をますます大胆へといざなうような・・

なんの躊躇もなく私は彼のデカいペニスを口に含みました。

“私の欲しがっていた物がようやくのこと手に入ろうとしている”

私の肉体はそれの歓びで満ち溢れていました。

“触れて欲しいの?”彼のセリフに首を縦に振りました。

これほどになってる自分の身体にちょっと恥じらいながらも。

“もうベトベトになってるじゃないか・・”

今すぐこの場で入れて欲しい。

しかしながら時間もないし、これ以上前進することなどできませんでした。

“愛欲”を押さえて心ならずも帰途に就きました。

その夜メールでガマンできない、

とお互いを求め合うメールを交わし合いました。

そして翌日、出会う場所と時間の確約をしました。

私はなお一層どんどんためらいがなくなっていきました。

「これで三日連続、逢いましたね・・」

彼とこのような会話を交わしながら身繕いをしていた私は

“ただ今の人間関係を忘れ去っている、ただのひとりの女”

になっていました。

レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・唇が軽く触れただけのキス。

その翌日、車の中での燃えるようなディープキス

、何年か振りに触った夫以外の肉棒の感触を思い出している。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そしてそのまた翌日・・・私は彼と同じベッドにいました。

この日は私のほうが少し前に待合場所に到着しました。

すぐに彼が到着して、私は彼の車に乗り込みました。

彼の顔を見るなり私は自分の身体が

あっという間に興奮してしまうのを感じ取りました。

そしてラブホテルの部屋へ・・。

彼が仕事の連絡を入れている間に

私は先に少しシャワーを浴びてベッドの中へはいりました。

冷やりとしたシーツにくるまって彼を待ちました。

ドキンドキンと自分の心音を聞きながら。

そして彼がベッドの中へきました。

取り敢えずは“とにかく早くこのようになりたかった”

とはげしく唇を重ね合いました。

2人の口の中でもつれる舌と舌の絡み合い

お互いに唇を離して目を見入っては、また唇を吸い合って・・。

そして彼の唇は私の耳へ。

耳を舐められるのなんて何時以来だったでしょう。

ぁぁぁ〜図らずも息が洩れて身体の力が抜け落ちていきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

私の陰毛が愛液でびしょぬれになるほど激しく官能的な不倫です【前編】

子どもにそれほど手がかからなくなった今、私の押さえられていた情欲が疼き始めました。

初めての出会い系サイト「PCMAX」で今の彼と出会いました。


私は38才の妻で思いやりのある旦那と3人の子供たちに支えられて

単調ですが幸福な日々を送っていました。

一緒になって15年・・

夫とのSEXは現在でも週1回の間隔。

でもこのSEXで私がクライマックスに到達することはほとんどないです。

もっと言うなら濡れることさえ難しい状況です。

にもかかわらず催促していくのはいつもながら私です。

こんな女として悶々とした感情を、隠しながら過ごしていたのです。

自分自身が欲しているものが何か、そのことに気づいているのに。

その後子供たちもそれ相応に成長しました。

現在は自分自身のひとときがもてるようになりました。

私は『PCMAX』という

出会い系サイトに足を踏み入れてしまったのです。

ここで出会った彼は私の暮らしているところからすぐ目の前でした。

ご近所というだけで危険性を感じ取った私ですが。

しかしながら“転勤でひとり暮し”という文字に躊躇する思いよりも

“彼がこちらにいる期間だけ全て忘れ去って女の快感を感じ取りたい”

こんな感じで彼とメールアドレスのコミュニケーションが始まりました。

私がずーっと長期間、封じ込んでいた情欲は

二人の距離をつめる度合いをますますどこまでも短くしていきました。

まずは彼の容姿を見てみたくて・・。

レンタルビデオ屋さんで待ち合わせして顔つきだけ確かめ合おうということになりました。

【ダークグレーの洋服。眼鏡をかけている】・・・私はビデオ店に立ち入るなり彼を探し出しました。

それから微笑んで初対面。

彼はずいぶんステキな人で私は完全に一目惚れの状況です。

その事実だけ確認して帰る心づもりが、店内には私たちしかお客さんはいなかった。

私たちは店の奥の方へ。

その場所で話をしました。

人様に見られたら・・そう考えると何時間もそこの所に立ち止まってはいられません。

帰ろうとする時、当たり前のように彼が握手の手を出してきました。

私もあたり前のように手を出し握手・・

すると彼はその手をきつく握り、私を引き寄せ顔を近づけてきました。

ビックリした私は軽く唇が接触したところで彼から離れて彼の目を凝視してからお店を出ました。

その夜は彼がステキな人だったことが楽しいのか、

彼にだしぬけにキスを要求されて緊張したからか、

それともあのキスが物足りなかったからか、

どうしても眠れませんでした。

翌日その実情をメールに書いて送っていました。

すると仕事を都合して時間を作ってくれた彼が、

「ちょっとで良いから会いたい」と言ってくれて顔を合わせることになりました。

それから待合場所のパーキングの車の中。

もう抑え付けることが不可能になった私は

“あのキスじゃ物足りなかった”

と強烈に唇を重ねて舌を絡ませ合い唾を吸い合いました。

それから私の手は彼のズボンの中をまさぐりました。

何年かぶりに触れる夫以外のペニスでした。

こんなのは今まで私が手にした物の中で比べようがないほどのデカさでした。

色も形もものすごくエロい。

生真面目な私をますます大胆へといざなうような・・

なんの躊躇もなく私は彼のデカいペニスを口に含みました。

“私の欲しがっていた物がようやくのこと手に入ろうとしている”

私の肉体はそれの歓びで満ち溢れていました。

“触れて欲しいの?”彼のセリフに首を縦に振りました。

これほどになってる自分の身体にちょっと恥じらいながらも。

“もうベトベトになってるじゃないか・・”

今すぐこの場で入れて欲しい。

しかしながら時間もないし、これ以上前進することなどできませんでした。

“愛欲”を押さえて心ならずも帰途に就きました。

その夜メールでガマンできない、

とお互いを求め合うメールを交わし合いました。

そして翌日、出会う場所と時間の確約をしました。

私はなお一層どんどんためらいがなくなっていきました。

「これで三日連続、逢いましたね・・」

彼とこのような会話を交わしながら身繕いをしていた私は

“ただ今の人間関係を忘れ去っている、ただのひとりの女”

になっていました。

レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・唇が軽く触れただけのキス。

その翌日、車の中での燃えるようなディープキス

、何年か振りに触った夫以外の肉棒の感触を思い出している。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そしてそのまた翌日・・・私は彼と同じベッドにいました。

この日は私のほうが少し前に待合場所に到着しました。

すぐに彼が到着して、私は彼の車に乗り込みました。

彼の顔を見るなり私は自分の身体が

あっという間に興奮してしまうのを感じ取りました。

そしてラブホテルの部屋へ・・。

彼が仕事の連絡を入れている間に

私は先に少しシャワーを浴びてベッドの中へはいりました。

冷やりとしたシーツにくるまって彼を待ちました。

ドキンドキンと自分の心音を聞きながら。

そして彼がベッドの中へきました。

取り敢えずは“とにかく早くこのようになりたかった”

とはげしく唇を重ね合いました。

2人の口の中でもつれる舌と舌の絡み合い

お互いに唇を離して目を見入っては、また唇を吸い合って・・。

そして彼の唇は私の耳へ。

耳を舐められるのなんて何時以来だったでしょう。

ぁぁぁ〜図らずも息が洩れて身体の力が抜け落ちていきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11