私の陰毛が愛液でびしょぬれになるほど激しく官能的な不倫です【後編】

彼のペニスは長くて太かった。

私はいつも彼の物が頭から離れませんでした。

私の乳房に彼の手が・・

そして乳首を吸う・・

乳首をつまむ。

『すごくいい色だ。ナイスな乳首だ』

彼のセリフは私の女心をくすぐります。

私の右手は彼の肉棒を握りしめています。

そして昨日の続き・・彼の肉棒をお口に含みました。

とってもデカい・・

そう確認するように口を動かし、舌で舐めあげていったのです。

口を離すと『キミのも見せて・・』と

私のいやらしいところを覗きこむ彼の顔

『もうこんなにもなってる。そんなにも欲しかったのか・・』

そのようなことを言いながらその部分に彼は顔を近づけていきました。

興奮してるところに冷たい舌を感じ取るのも久しぶりで・・

快感に溢れ返る私の身体・・

「もう・・入れてほしいの・」うつろな目で彼に訴えました。

そして私の上に身体を重ねようとする彼に、私は「上になりたい・・」

そういって彼の上に跨り彼の肉棒を私の膣奥深くに・・・・。

あぁ〜凄い

新たに彼のデカさを身体で感じ取った瞬間です。

そうしてから私はクリトリスを擦り付けるように腰を振りました。

私は何年かぶりに本当に何年かぶりに深いクライマックスに到達しました。

そうしてからもう一度、私の好きなように尻を動かしているとまた・・・・

私は果てました。

それから彼は私の上へ乗ってきました。

彼に「まだいかないの?」と聞くと

『ぼちぼちいきそうだョ・・どこへ放出しようか・・』

「口の中に放出して・・」

彼はピストンを早めながら『発射するょ・・』

彼は私から離れると小さく開いていた私の口の中に発射。

私は口の中に放出されている彼の精子を、

ためらわずに、ごっくん!と飲み干しました。

その後ももっともっと放出される精子を

舌でペロペロ舐めながら夢見心地に浸っていました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ホテルのキーは彼が閉めた。

私はまず「シャワー浴びましょうか?」と聞いた。

『構わないじゃないか、そのままで・・』

彼は答えると立ちすくんでいる私を背後から抱き寄せてきた。

その手に力がこもっている。

洋服の上からオッパイを触る彼の手に、私は自分の手を重ねた。

彼の唇は私の右の耳へと這っていく。

右肩のほうから力が抜け落ちていく。

私は振り向いて彼の唇に唇を重ねる。

何度目かのキス・・ゆとりも出来た。

彼の舌を私の口の中に導き、自分の舌で彼の舌をなぞる。

“彼の舌ってこんな形だったんだ・・・”

洋服を脱がせあってベッドへ。

冷たいシーツにお互い図らずも苦笑する。

そして力いっぱい抱き合う。

もう1回暖かくて荒々しいキスをする。

私は少々躊躇気味にペニスを触る。

本当は彼の車に乗り込んだときから、

もてあそびたくてたまらなかったのに・・・

あぁ〜今日もデカい・・・お口でくわえたい・・

フェラしたい・・“フェラチオしたい”と目で訴えかける。

彼が『どうしたいの?』と意地悪そうに言う。

「お口に入れたい・・」

『食べさせてくださいだろ?』

「お口に入れてください」彼のペニスを口に含む。

口を離してじつくり眺める。

亀頭も大きい。

理想的なピンク色をしている。

見つめてはまたしゃぶりつく・・・

私は愛しくてたまらなくて息が洩れる。

私は46時中欲しくて、思い返しては肉ひだを濡らしていた。

食事をしていても子供と遊んでいても

このペニスが頭から離れなくて・・・・・・。

もう・・オマンコは彼の肉棒が欲しくてたまらない。

愛のしずくはアヌスにまで流れている。

彼にまた瞳で訴えかける。

また彼が言う、

『どうかしたの?』

「・・入れて・・」

『きちんと言え・・』

「オマンコにこのでかい肉棒を入れてください」

『もう挿入して欲しいのか?

ガマンできないのか?

じゃあ入れてやろう・・』

そういうと彼は私の上に乗り、

オマンコの膣口にペニスをあてがい、

くちゅくちゅくちゅとまさぐっている。

“あぁ〜ズブッと・・・・・サッサと撃ち込んで・・”

ちょっと焦らせてからズボッ!

とビッグサイズのペニスは私のオマンコに・・

彼は私の手を取り・・触らせる。

“ペニスが私のオマンコに入ってる。”

秘核が大きくなってる。

「クリトリスを触って・・」

入れたままで彼がクリトリスを弄くる。

『クリトリスがこんなに大きくなってるぞ。

本当に勃起してる・・』

私のオマンコの中に入って愛液まみれのペニス・・

それに手を押し当てて快感は高まる。

『ゆうは淫乱な女です・って言え』

「ゆうは淫乱な女です。」

『毎晩このペニスを私のオマンコに挿入して欲しいです?』

「毎晩このペニスを私のオマンコに挿入して欲しいです」

私の中の“M”が騒ぎはじめる。

『ぼちぼち発射してもいいか?』と彼。

首を縦に振る私。

『今日はどちらへ出そうか?』

精子は飲みたい・・

でも顔に出すのもいい・・・「口・・顔・・」

『どちらの方がいいんだ?』

恍惚とした顔で彼が聞く。

「顔・・」すると彼は私から離れた。

トロっとした精子が頬から口元にかかる。

舌でそれを舐める。

ペニスの先を舐める。

このときの私の顔は随分卑猥なんだろうなぁ〜と思いながら。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕刻家族と楽しい団らんの時間。

子供たちの微笑みが心にしみる。

私は家族を裏切っている・・背徳感から自己嫌悪。

“もうこのようなことはやめよう”そんな気持ちになった。

私はマジにそう思ってるのだろうか・・・・・・・・。

いつまでこの思いが持続するのか確信はなかった。

夜になり、ひとりでお風呂に入った。

湯につかっているとまた思い返してしまう。

ついさっき彼が噛んだ乳首を弄くりながら。

陰毛に目をやると、そこに入って愛のしずくが絡まって

ベトベトになってたペニスを思い出す。

彼とセックスをしながらの卑猥なおしゃべりを思い出す。

セックスが終わったあとの幸せな会話を思い出す。

萎んだペニスにけだるそうな彼の顔。

“もうこういったことはやめよう・・・・・・・”

やっぱりやめられそうにない・・・・・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11

私の陰毛が愛液でびしょぬれになるほど激しく官能的な不倫です【後編】

彼のペニスは長くて太かった。

私はいつも彼の物が頭から離れませんでした。

私の乳房に彼の手が・・

そして乳首を吸う・・

乳首をつまむ。

『すごくいい色だ。ナイスな乳首だ』

彼のセリフは私の女心をくすぐります。

私の右手は彼の肉棒を握りしめています。

そして昨日の続き・・彼の肉棒をお口に含みました。

とってもデカい・・

そう確認するように口を動かし、舌で舐めあげていったのです。

口を離すと『キミのも見せて・・』と

私のいやらしいところを覗きこむ彼の顔

『もうこんなにもなってる。そんなにも欲しかったのか・・』

そのようなことを言いながらその部分に彼は顔を近づけていきました。

興奮してるところに冷たい舌を感じ取るのも久しぶりで・・

快感に溢れ返る私の身体・・

「もう・・入れてほしいの・」うつろな目で彼に訴えました。

そして私の上に身体を重ねようとする彼に、私は「上になりたい・・」

そういって彼の上に跨り彼の肉棒を私の膣奥深くに・・・・。

あぁ〜凄い

新たに彼のデカさを身体で感じ取った瞬間です。

そうしてから私はクリトリスを擦り付けるように腰を振りました。

私は何年かぶりに本当に何年かぶりに深いクライマックスに到達しました。

そうしてからもう一度、私の好きなように尻を動かしているとまた・・・・

私は果てました。

それから彼は私の上へ乗ってきました。

彼に「まだいかないの?」と聞くと

『ぼちぼちいきそうだョ・・どこへ放出しようか・・』

「口の中に放出して・・」

彼はピストンを早めながら『発射するょ・・』

彼は私から離れると小さく開いていた私の口の中に発射。

私は口の中に放出されている彼の精子を、

ためらわずに、ごっくん!と飲み干しました。

その後ももっともっと放出される精子を

舌でペロペロ舐めながら夢見心地に浸っていました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ホテルのキーは彼が閉めた。

私はまず「シャワー浴びましょうか?」と聞いた。

『構わないじゃないか、そのままで・・』

彼は答えると立ちすくんでいる私を背後から抱き寄せてきた。

その手に力がこもっている。

洋服の上からオッパイを触る彼の手に、私は自分の手を重ねた。

彼の唇は私の右の耳へと這っていく。

右肩のほうから力が抜け落ちていく。

私は振り向いて彼の唇に唇を重ねる。

何度目かのキス・・ゆとりも出来た。

彼の舌を私の口の中に導き、自分の舌で彼の舌をなぞる。

“彼の舌ってこんな形だったんだ・・・”

洋服を脱がせあってベッドへ。

冷たいシーツにお互い図らずも苦笑する。

そして力いっぱい抱き合う。

もう1回暖かくて荒々しいキスをする。

私は少々躊躇気味にペニスを触る。

本当は彼の車に乗り込んだときから、

もてあそびたくてたまらなかったのに・・・

あぁ〜今日もデカい・・・お口でくわえたい・・

フェラしたい・・“フェラチオしたい”と目で訴えかける。

彼が『どうしたいの?』と意地悪そうに言う。

「お口に入れたい・・」

『食べさせてくださいだろ?』

「お口に入れてください」彼のペニスを口に含む。

口を離してじつくり眺める。

亀頭も大きい。

理想的なピンク色をしている。

見つめてはまたしゃぶりつく・・・

私は愛しくてたまらなくて息が洩れる。

私は46時中欲しくて、思い返しては肉ひだを濡らしていた。

食事をしていても子供と遊んでいても

このペニスが頭から離れなくて・・・・・・。

もう・・オマンコは彼の肉棒が欲しくてたまらない。

愛のしずくはアヌスにまで流れている。

彼にまた瞳で訴えかける。

また彼が言う、

『どうかしたの?』

「・・入れて・・」

『きちんと言え・・』

「オマンコにこのでかい肉棒を入れてください」

『もう挿入して欲しいのか?

ガマンできないのか?

じゃあ入れてやろう・・』

そういうと彼は私の上に乗り、

オマンコの膣口にペニスをあてがい、

くちゅくちゅくちゅとまさぐっている。

“あぁ〜ズブッと・・・・・サッサと撃ち込んで・・”

ちょっと焦らせてからズボッ!

とビッグサイズのペニスは私のオマンコに・・

彼は私の手を取り・・触らせる。

“ペニスが私のオマンコに入ってる。”

秘核が大きくなってる。

「クリトリスを触って・・」

入れたままで彼がクリトリスを弄くる。

『クリトリスがこんなに大きくなってるぞ。

本当に勃起してる・・』

私のオマンコの中に入って愛液まみれのペニス・・

それに手を押し当てて快感は高まる。

『ゆうは淫乱な女です・って言え』

「ゆうは淫乱な女です。」

『毎晩このペニスを私のオマンコに挿入して欲しいです?』

「毎晩このペニスを私のオマンコに挿入して欲しいです」

私の中の“M”が騒ぎはじめる。

『ぼちぼち発射してもいいか?』と彼。

首を縦に振る私。

『今日はどちらへ出そうか?』

精子は飲みたい・・

でも顔に出すのもいい・・・「口・・顔・・」

『どちらの方がいいんだ?』

恍惚とした顔で彼が聞く。

「顔・・」すると彼は私から離れた。

トロっとした精子が頬から口元にかかる。

舌でそれを舐める。

ペニスの先を舐める。

このときの私の顔は随分卑猥なんだろうなぁ〜と思いながら。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕刻家族と楽しい団らんの時間。

子供たちの微笑みが心にしみる。

私は家族を裏切っている・・背徳感から自己嫌悪。

“もうこのようなことはやめよう”そんな気持ちになった。

私はマジにそう思ってるのだろうか・・・・・・・・。

いつまでこの思いが持続するのか確信はなかった。

夜になり、ひとりでお風呂に入った。

湯につかっているとまた思い返してしまう。

ついさっき彼が噛んだ乳首を弄くりながら。

陰毛に目をやると、そこに入って愛のしずくが絡まって

ベトベトになってたペニスを思い出す。

彼とセックスをしながらの卑猥なおしゃべりを思い出す。

セックスが終わったあとの幸せな会話を思い出す。

萎んだペニスにけだるそうな彼の顔。

“もうこういったことはやめよう・・・・・・・”

やっぱりやめられそうにない・・・・・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト

迷ったらここ 出会いサイト最大手、安心のPCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

1 / 11